プロフィール

藤野 法螺貝

Author:藤野 法螺貝
うどんと富士山が好き!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


数字LOVE


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
53580位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
4417位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:未分類
わが家の近くは桜の名所があるので
2月から桜を楽しむことが出来るが、
2月から咲く河津桜は
「ちょっとやりすぎ…」と苦言したくなるほど
私の桜の概念を覆しているが、
それでも、2月の空に映える河津桜は美しい。

そしてソメイヨシノ。
たかが「サクラ」ではないか。
たかが「花」ではないか。
と思うが、
ニュースで取り上げられ、
蕾がほころび始め
その姿を春の空気と共に味わうと
なにかしらの魔力を感じる。

今年もそうやって桜を味わう予定だった。

異変は自治会のお花見からゆっくり始まった。
桜の開花宣言はあったものの
わが街の桜からのメッセージは無しのつぶてで
それでも春の陽気に誘われて
「今年もいいお花見でしたね」と
ご近所さんと語り合って帰宅したら
夫チャルメラがガラガラ声で
「関節が痛い」と言い出した。
そして次の日になんと「インフルエンザA型」という
有難くないニュースを持って帰宅した。

あわてて近所のスーパーに走り、
喉ごしのよさそうな食べ物などを買いあさり
「夫の看病をする健気な妻」を演じていたら、
次の日、今度は私の喉が痛い。
もともと熱が出ない体質ではあるが
微熱をちょいと超えるほどの発熱もある。
身体もだるいし、節々が痛い。

ちょっと迷ったが病院に行った。
「もう、インフルエンザは流行っていないですよ」
という医者を説得してリレンザをもらい
ついでにイチゴやプリンを買い足して
「健気な妻」から「病気の妻」に変貌して
体温計を心の友とし、
チャルメラと枕を並べて討ち死にすることになった。

家族に一人でもインフルエンザになると
他の家族はいろいろと大変だが、
他にうつす家族がいないと気が楽だ。
そして、四月。
加湿に神経質になる必要もなく、
外気の寒さを気にすることもなく、
淡々と日々は過ぎて行った。

窓の外では春の高気圧に誘われて
桜が美しく開花を始めた。
熱も下がり、他人様への感染の心配もなくなったが、
体力を根こそぎインフルエンザに持って行かれた
我ら夫婦は
散り始めた桜を遠目ぼんやりと眺める、
そんな2017年のお花見になってしまった。

スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:実はお仕事
昨日は町内会の桜祭りだった。
東京都心では『満開』だという桜だが、
同じ東京都であるはずのわが街は
三分咲きというより
3パーセント咲きといった風情だった。
しかし、前日の雨も上がり、
日差しが出ると暑いくらいで
なかなかよいお花見だった。

ほろ酔い気分でお弁当などをつまんでいると
何か非常にインパクトのある”何か”が
目に入った。
心を落ち着けて凝視すると
かつての勤め先で
先月までのボランティア先であった『S』の
職員たちだった。

この『S』はまことに
不愉快極まりないデイサービスでだった。
いろいろと悩んだ末、
先月、夫チャルメラが
職場に持って行こうとして
持っていきそびれた菓子折りをもって
「いろいろとお世話になりました」と
辞める挨拶をしてきた。
ボランティアを辞めるに当たっては
責任を感じる必要は何一つないと
各種相談所で回答されてたとしても、
やっぱり筋は通すべきだと思ったからだ。
そうやって挨拶に行ったとき、その職員たちは
「他の曜日は来れないの?」
と聞いた後、「ご苦労様」とだけ言った。
椅子から立ち上がりもせずに…

不愉快極まりないデイサービスだったが
昨日、この職員たちを見かけた時
ちゃんと挨拶して良かったなと感じた。
挨拶をしていなかったら
いくら相手の無礼を心で叫んでいても
あの瞬間、居心地が悪かったに違いないから。

不愉快なことが多かった場所だけど…


人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:ひっそりと
今を去ること30年前の大学時代、友達が
「幻のじゃがまるくん」という言葉を連発していた。
私の通っていた大学周辺には
そのころ全国展開をし始めたコンビニが
全くなかったからだ。
テレビのコマーシャルで魅力的に流される、
その『じゃがまるくん』を
私達は味わうことができなかったのだ。

就職してもコンビニはなかった。
残業が当たり前だったあの頃、
定時で帰りたい時は
「今帰らないとトイレでお尻が拭けない」と
うら若きOLとは到底思えないような言い訳で
帰宅したこともある。

その後、やっとやっと
徒歩20分ほどのところの近所に
コンビニが出来た時はうれしかったが、
『幻のじゃがまるくん』はすでに
正真正銘、幻になってしまっていたが
ちょっとうれしかった。
うれしかったけど、徒歩20分は
コンビニエンス=便利
とは言えなかった。

その後、
コンビニは身近な存在にはなったが、
利用するには
ちょっと回り道をしなくてはならなかったりして
コンビニエンスの恩恵を受けることはなかったが、
とうとう先月、
徒歩3分のところにコンビニが出来た。

徒歩3分というのは本当に便利だ。
朝、うどんが食べたいという
娘キャンドルの要望にも応えることが出来た。
ビールを切らしても対処できる。
突発的にアイスクリームが食べたくなっても
欲望の赴くままだ。
この状況に、キャンドルは
「お財布が侵食されていく」と評していたが、
きっとそれは真実なのだろう。

いまのところ、
それほどこのコンビニは利用していない。
「必要になったらコンビニで買えばいいか」と思って
余分なストックがなくなれば
わが家の経済状況も、逆に
多少の改善が見込めるかも知しれない。

でもそれ以上に
「コンビニがあるから…」
と思うとちょっとうれしい。




人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:ひっそりと
娘キャンドルが通った大学はかなり小さな単科大学で
この春、無事に卒業できるようである。


今日、大学から娘に連絡があった。

優秀な学生として表彰するので
是非とも、どんなことがあっても
卒業式には出席してくださいね。


加えて、心優しい教務課の職員さんは

ご両親は式にいらっしゃいますか?
お子さんの晴れの姿をご覧になっていただきたい。


と言って電話を切ったそうだ。

すごいね。
がんばったのね。

と母としてキャンドルを称えたが
本人は
「そうはいってもねぇ」と
盛り上がりに欠けている。

盛り上がりには欠けているが
夫チャルメラにラインするように言った。

学校から電話があって
「必ず卒業式には出席するように」と言われ
「両親は来るのか」と聞かれた。


肝心なことはわざと省いてラインをしたら、
チャルメラは

小さい大学だから、
卒業生一人一人に電話をして
卒業式への出席を促している


と解釈したようだった。

なんか、ごめん…
    と、ちょっとだけ反省している。



人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:未分類
夫チャルメラが栄養指導を受けてきた。
塩分の取り過ぎだという。

チャルメラの朝ご飯は
私が眠い目を擦りながら作ったおにぎりと
インスタントの味噌汁。
昼ごはんは、会社の食堂で採る。
健康に気をつけているチャルメラは
焼き魚定食などを嬉々として食べているらしい。
そして夕飯。
生野菜のサラダは欠かさない。
まず、生野菜を一口、二口食べてから
他のおかずに手を出す。
この生野菜を安定供給するため
先日、市民農園に申し込みをしたくらいだ。

ところが栄養士によると
味噌汁の取り過ぎだという。
おにぎりには塩を入れるなという。
生野菜のドレッシングにも首をかしげた。
焼き魚も塩分が多いという。
大根と油揚げの煮物もクレームがついた。

和食への冒涜ではないのか!

我らが世界遺産、和食文化は
管理栄養士によってことごとく
否定されているのではないか。

武田信玄と上杉謙信の美談であるところの
「敵に塩を送る」とは本当のところ、
恐ろしい意味があるのではないだろうか…。

そんなことをうっかりと考えてしまった。



人気ブログランキングへ

copyright © 2017 西の窓から富士山に向って法螺を吹く all rights reserved.Powered by FC2ブログ