プロフィール

藤野 法螺貝

Author:藤野 法螺貝
うどんと富士山が好き!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


数字LOVE


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24592位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
2608位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:菜園
今年の夏、私はひとつ賢くなった。
いままで噂として聞いていたことが
真実となって目の前に現れたのだ。

ハッカ油は蚊除けに効く

畑着に数滴、ハッカ油をつけるようにしてから
一度も蚊に刺されないのだ。
ちなみに
携帯用蚊取り線香を腰につけていた夫チャルメラは
数か所さされてしまったらしい。

もちろん、困ったこともある。
経験値が浅い頃、
首に巻いたタオルにハッカ油をつけたところ、
まあ、当たり前だが
そのタオルで汗をぬぐったとたん、
過激にスースーして目が開けられなくなった。

何事も経験である。

ハッカ油は薬局で買える。
20mLで1000円もしなかったと思う。
ただ、購入する時
「ハッカあぶら」と発音するのか、
それとも
「ハッカゆ」と発音するのか、
未だによくわからない。


スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:未分類
コンビニに寄ったら、
駐輪場で女の子に声をかけられた。

あの…
自転車が停められないんですけど…


見ると、自転車のスタンドのロックが掛かっていて
スタンドが下りないようになっている。

スタンドのロックが掛かっているよ。

そう言っても女の子はピンとこないらしい。

ほら、ここ

そう言って、スタンドのロックを外してあげると

ありがとうございます!

うれしそうに、自転車を止めようとしたが
その足でまたロックを掛けてしまい、
再び、自転車のスタンドが下りなくなった。

   …ドンくさい子だ…

そう思って自転車をみると、まだ新しい。
女の子は中学生くらいだ。
買ってもらったばっかりの自転車で
意気揚々とここまで来たが、
新しい自転車である分、焦りも大きいのだろう。

ほら、こうやって、

私がやると、難なくスタンドは下りる。

ありがとうございます!!!

礼儀正しく、安堵の声でお礼をいうと、
彼女は反対側のコンビニの隣の塾のドアに
踊るように入って行った。

   …良いことをした…

自己満足の塊になってコンビニで買い物をし、
自分の自転車にもどって、
ふと、隣の真新しい彼女の自転車の前かごを見ると、
スマホがポツンを入っている。

塾ではスマホ持込み禁止なのだろうか。
それで、スマホを置きっぱなしにしてあるのだろうか。

しばし、そのスマホを眺めていたが
どう考えたって、そんなはずはない。
さてどうしようと、更に冷静になって考えたが、
あの赤いTシャツを着たポニーテールの女の子が
更に窮地に追い込まれないよう、
どうやら塾の扉を開いて声をかけた方がよさそうだ。

あのう… すみません…

と扉を開けて声をかけると、
奥から若い職員が飛び出てきた。
事情を話して自転車のところまで案内すると、

このスマホを見張っていてください。

職員も焦っていたのだろう。
若干、ふさわしいとは思えない依頼をして、
塾に戻って行った。
すぐに、

ありがとうございます!
本当にありがとうございます!!


という何度も聴いた声と共に、
女の子が飛び出してきた。
職員さんも何度もお礼を言ってくれた。

   …更に良いことをした…

自己満足の強度を増した私は、
その女の子を見て、唖然とした。

黒いTシャツを着たセミロングの女の子だった。

強度を増したはずの自己満足は、
あからさまな意味のない記憶力の前で
ガラガラと音をたてて崩れて行った。



人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:一言いわせて
医者や病院の悪口ならいくらでも出てくる。

その80%が私自身のでっち上げかもしれないが、
そんなことはどうでもいい。
ここ数日は、神格化されたドクターに対して
その毒牙を向けている。

生活習慣病である。


糖尿や高血圧、高質異常症をひっくるめて
生活習慣病と名付けたらしいが、
ようするに、これらの検査項目がひっかかると

生活習慣がよくないですねぇ…
だらしない生活をしていますねぇ…

という目で見られる。
そしてお鬼の首を取ったように
お説教が始まる。
そのお説教口調の滑らかなこと!

そのわかりやすい命名ゆえに、
私生活の中に土足で踏み込まれるような気がする。



ほっといてくれ!


といいつつ、
涼しくなったらウォーキングでもしてみようかと
つぶやいてみる小心者である。



人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:出来事
土曜日の昼下がり、
夫チャルメラと100円均一の回転寿司のカウンターで
お寿司をつまんでいた時、
急に口の中に違和感を感じた。

半年ほど前、やはり回転寿司を食べていた時
同じように違和感を感じて
口の中をよくよくまさぐっていたら大きな骨が出てきて、
店員さんに言ったらちょっと安くして頂いたことがあり、
そんな不安と期待をもって
やはり口の中を調べてみたら…

歯の詰め物が取れていた。

先日、人間界における
口腔関係の自浄能力の無力さを嘆いたばかりだったが、
さっそく天に唾するがごとく、
禍が我が身に降りかかってきた。

さてどうするか…

いい時代になった。
土曜日の昼下がり、私が若かりし頃は
すでに歯医者はその扉を固く閉じ、
忍の一字で全てを受け入れなければならなかったが
ここ最近、土曜日の午後も診療してくれる歯医者は多い。
幸いにも
チャルメラや娘キャンドルがお世話になった歯医者が
私の悲劇を受け入れてくれた。

最近の歯医者はすごい。
受付のお姉さんはとても麗しく、やさしい。
待合室も快適だ。
歯科衛生士さんも口元をマスクで隠しているが
やはり麗しく、やさしい。
そして医者は礼儀正しい。

礼儀正しい!!

私がかつてかかった歯医者は
患者をいかに小馬鹿に人生をかけているのではないかと
邪推したくなるような医者ばかりだった。
そして、治療しながら衛生士を罵倒していた。
そんな歯医者ばかりではなかったのだろうが、
歯医者に対して良いイメージはほとんどなかったのだ。

礼儀正しい歯医者、
麗しくやさしいスタッフ、
そしてファーストクラスの椅子をも思わせる診療台。
その診療台で何度かリクライニングを起こすとき、
せっかちな私は自力で何度も起き上った。

我が腹筋と背筋はなかなか優秀ではないか!

そして最後の悲劇が起こった。
背中に違和感がある。
どうやら筋肉痛のようだ。
その筋肉痛が出たのが月曜日。
そう、悪名高き「二日後の筋肉痛」だ。



人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:出来事
夫チャルメラと相反する趣味に
ガーデニング(野菜作り)がある。
文句を言っても仕方がないので
「勝手にどうぞ」と傍観を決め込んでいるが、
ガーデニングとはいえ、
収穫の時期になると多少なりとも実入りがあり、
それはそれで私も楽しむことが出来た。

ところが相手は自然とチャルメラである。
花の咲かないコスモス畑をニンジン畑と宣言し、
社宅の草刈りでは、
奥様方が楽しみに植えていたバジルを
「行儀よく生えてるな」と呟きながら引っこ抜いてしまった。
せっかく育ったゴーヤを収穫しようとして、
幹を切ったこともある。

そんなこんなでうまく行ったためしがないのだが
流石のチャルメルも多少は賢くなったのか
今年は「指導付野菜農園」に申し込んで
無事、いくばくかの土地を与えられた。

この「指導付野菜農園」はお仲間の奥様曰く
「まるでカルチャーセンターのよう」で
種も苗も肥料も用具もすべて用意されている。
自分で用意するのは長靴と剪定ばさみくらいだ。
なので、今まで苗を買っても
ほとんど手に取ることが出来なかった収穫物を
手にすることが出来た。
いや、今も続々と収穫中である。

不思議なのは、
自分たちで作ったその野菜の美味しいこと。
実は指導してくださる農家も
近所の直売店に野菜を出しているから
いままでも口にしたことはあるし、
鮮度が良いとはいえ、
わが家で収穫したキュウリやナスは
冷蔵庫で何日も過ごしている。
ご近所さんに2週続けて大根を押し付けてしまった。

ツイッターで
「義父の趣味の畑が憎い」
という呟きに対して、
涙ながらに賛同しているお嫁さんがいる。
毎日のようにキュウリ20本、トマト10個など
押し付けられて困っているようだ。
そんな呟きを
「さもありなん」と思いつつ、
多少の羨ましさも感じつつ、読み流していたが
それが我が身となってしまった。

作り手がチャルメラだからそれほどの悲劇はない。
でも今年はどんなことがあっても
キュウリとナスとピーマンとトマトとモロヘイヤに対し、
財布の口は開くまいと
硬く硬く決心した。



人気ブログランキングへ

copyright © 2017 西の窓から富士山に向って法螺を吹く all rights reserved.Powered by FC2ブログ