FC2ブログ

プロフィール

藤野 法螺貝

Author:藤野 法螺貝
うどんと富士山が好き!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


数字LOVE


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
14549位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
1644位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:音楽
リコーダーコンサート当日の朝、
急に1979年の吹奏楽コンクールの課題曲のフェリスタスが聞きたくなって
YouTubeで大音響で3回ほど聞いた。

願わくばいつか、
スコア譜を撫でさすりながら、この曲を聞いてみたい。
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:音楽
図書館の「アンネの日記」が破られている。
社会的に大きな問題として取り上げられている。

以前、図書館の本でささやかな恐怖を感じたことを思い出した。

詳しい本の名前は忘れたが「小学校教諭採用試験対策 音楽編」みたいな本を借りた。
音楽限定ながら私の知識で教員試験に対応できるのか、野次馬根性でちょっと知りたかったからだ。
どうにでもなりそうだなと上から目線でパラパラとめくっていた。
初見でも弾けるかしらと例題になっている楽譜を見ようとしたら…

楽譜のページが切り取られていた。
そのページだけきれいに切り取られていた。

せっかく弾こうと思ったのに残念だなぁ…
と思った瞬間、ゾワっとした。
このページを切り取ったのは誰だろう。
私みたいな例外もあるが、
この本を借りる人は本来は小学校教員になりたい人。

そんな人が図書館の本のページを切り取る。
コピーすることなく、切り取る。
切り取った楽譜で練習して、採用試験に受かる。
そしてどこかの小学校の教員になっている。

私が感じたささやかな恐怖だった。


人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:音楽
小学校の音楽の先生にリコーダーについてレクチャーしたことがある。
音大を卒業していても、ご存じないことも多いご様子。

「ソプラノリコーダーでこんな高い音出せるんですか?」
と楽譜を見せてもらったら、国際表記でいうところのD6の音だった。
先生の持っているリコーダーでは、安定した音にならない。
「私が小学校で使っていたリコーダーなんですよ」

「私が持っているリコーダーは高音が出やすいのでをお貸ししますよ。」
と言ってお貸ししたら、感動してすぐさま出入りの業者に同じ型のリコーダーを発注していた。
そして、「私ってこんなに不器用だったの?」と独り言を言いながら四苦八苦練習していた。
それでも2,3日もすると
「法螺貝さん、聴いて下さい」
と言って、見事にひとフレーズお吹きになった。
「先生、すごい!」
ご自身に音色を持っている人は、楽器が変わっても素敵な音楽が奏でられるのだなと感じたひとこまだった。


ちょっと意地の悪い見方ではあるが…
リコーダーサークルのお姉さま方も何人かはピアノを嗜まれるらしいが、
大したことないんだろうなと思ってます。


でも、お姉さま方のこと嫌いじゃないんですよ。

人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:音楽
リコーダーのコンサートが終わった。
コンサートというよりは発表会に限りなく近いが。まあひとまず無事に終わった。

比較的新参者なので不義理なことは言えないが、
正直言ってど素人軍団である。

楽譜が配られると、音名を書き始めるお姉さま方も多い。
そして♭や♯は、運が良ければ反映される。
中には「腕に覚えあり」というお姉さまもいて、チューニングがあっていないとご指摘いただける。
「はい、気を付けます」と神妙に答えているが、
「おねえさん、チューニング以前に譜読み間違っているよ」と心の中で悪態をついている。

それでも、大人のサークルなので皆さん一生懸命に向上心を持って取り組んでいる。

コンサートの様子を夫チャルメラが録音してくれた。
感想を一言でいうと

ワタシ、上手いじゃん!

観客の中に耳の良い人がいて、
「あの人、特に上手だったよね」と思ってくれているといいなと思う。



人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:一言いわせて
ワタシ

リコーダー

上手いじゃん!!




人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:未分類
DSCN0198.jpg

うん! 春の足音だ!!



人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:未分類
鏡開きの日、リコーダーサークルのお姉さまが「いとも簡単に圧力鍋で小豆を煮た」とおっしゃっていたことを娘キャンドルにふと漏らしたら、その日から「小豆&小豆」とうるさい。
キャンドルはあんこが好きなのだ。
しかも粒あんLOVEである。
そんなこんなで、過保護な母親は今年になってまだ2月だというのに2Kgを超える小豆を購入し
煮るはめになった。

私の小豆の煮かたは簡単である。
まず、買ってきた小豆をザルにザーッと開ける。
袋をひっくり返して何グラム入りかを確認することを忘れてはいけない。
圧力鍋に適当に水を入れる。
小豆をさっと水洗いし、鍋に入れる。
お湯が沸騰したら一度湯でこぼす(お湯を捨てるだけ)
圧力鍋に小豆の3倍強の水を入れ、小豆も入れて圧をかける。
重りが回り始めたら、タイマーを10~15分にセットする。
タイマーが鳴ったら火を止める。
重りが下がったらふたを開け、再び火にかける。
一つまみの塩と小豆の半分弱の砂糖を何回かに分けて入れる。
適当に火を止める。

これだけたくさん小豆を煮るので本当は1Kg入りの小豆でも買ってくればいいのだろうが、
何も考えずにザルにザーッと小豆を入れる瞬間が好きで、わざわざ小袋(250~300g)を買ってくる。
ワクワクする音だ。
このワクワク感は私のDNAに埋め込まれたものだろうか。
妖怪アズキ洗いの存在もなんとなく頷ける気がする。



煮えたばかりの小豆をよそって口に入れる。
ざっくりと煮た小豆は、所々ザックリとした歯ごたえを残している。
ひどく手抜きなしかし「賢い母さん」に慣れたような気がする。





人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:コストコ
コストコで「リンゴ果汁入り青汁」を購入した。
これは飲みやすい。
    …と喜んでいたら、便秘になった

5年くらい前にも別の青汁を飲んでいた時も便秘になった。
その時は便秘気味だなと感じつつ、なんやかんやで一箱分飲んでしまったが、
今回の購入先はコストコだ、単位が違う。

いや、その前に話が違う。
青汁は便秘解消にもってこいの健康食品
ではなかったのか。

しかし、Googleで「青汁 便秘」と入力すると、
サジェスト(予測候補)で「便秘になる」というワードが出てくるではないか。
それをクイックすると、なんと
都市伝説
というキーワードまで出てきた。
私もとうとう都市伝説入りなのか。

まあ、冷静になっていろいろと調べてみると、飲む量が多すぎるらしい。
が、しかし!
押し付けがましい青汁のCMのオジさんオバさんは有難がってガバガバと水替わりにのんでいるではないか。
私は一日一袋だ、

FUNZUMARIのお腹を抱えながら、
夫チャルメラに浣腸を買ってきてもらうべきか、悩んでいる。




人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:未分類
先ほどこの寒いのにスカートをはいた女性がドアチャイムを鳴らした。

「寒いですね~」
「雪が多くて大変でしね~」
「今ね~、世界中でね~、読まれておりますね~」
「世界250国でベストセラーとなっておりますね~」
「読んでいただきたいと思いましてね~」

とね~ね~ね~とうるさかったので

「興味がありませんからね~」
「ポストに入れないでくださいね~」

とインターホーン越しにお返事した。

      なんか疲れた。
人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:音楽
私の夢見るサイトの一つ
国際楽譜ライブラリープロジェクト(IMSLP)から
プロコフィエフの『交響曲第1番 ニ長調 「古典」 Op. 25』の三楽章のピアノアレンジを入手。

ちょっとばっかり練習してみようと決心。
予測の出来ない和音に戸惑いつつ、譜読み。



人気ブログランキングへ

copyright © 2019 西の窓から富士山に向って法螺を吹く all rights reserved.Powered by FC2ブログ