FC2ブログ

プロフィール

藤野 法螺貝

Author:藤野 法螺貝
うどんと富士山が好き!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


数字LOVE


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20303位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
1961位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:出来事
夫チャルメラが一時期
鈴木健二さんにかぶれていたことがある。
それで、
「年賀状を送る人が200人以上いるということが
 社会人として一人前になったことである」
ということをしきりに気にして
やたらめったら、年賀状を送りまくっていた時期がある。

郵政省の回し者かもしれない。

その鈴木健二さんの著書に
「上品な女性になりましょう。
 その第一歩として
 自分の一人称として
 『ワタクシ』を使いましょう。」
というのを読んだことがある ような気がする

無理だ

とその時には思ったが、
昔の音楽ボランティアの先生方が
利用者さんに対して
「今日、ワタクシは寝坊してしまいました」
なんておっしゃって、進行するものだから
時を経て
私自身が音楽ボランティアで進行をするとき、
「ワタクシがここに来るときに…」
なんて口が滑ることがある。

確かに「ワタクシ」と自分のことを呼ぶと
その後の動詞も、自然とそれらしくなる。

それにしても…
音大卒はちがうなぁ

同じ音楽でも
小学校はやんちゃである。
生意気盛りで言葉も必要以上に元気だった。
ある時期、男の子の間で
「ケツ」という言葉が流行した。
使い方としては
「なにやってんだよ、ケツゥ」
「うぜえんだよ、ケツゥ」
という感じである。

その時、私は何を思ったんだろう。
彼らがあまりに「ケツケツ」とうるさいもんだから
突然に

ケツは下品な言葉だから
おしりと言いなさい


と言い切ってしまった。

可哀想に…
彼らは私の前で「ケツ」とは言わなくなった。

スポンサーサイト




人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:ひっそりと
朝の連続テレビ小説のエリーさん。
実は、スタイルがあまり良くないなと思っていた。
若々しさもないし…
椅子に座るときには
「どっこいしょ」という音が聞こえるようだ。

ところでエリーさん、先日のニュースで
ブロードウェイミュージカルの「シカゴ」の
主演が決まったという。
そのCM動画を見て驚いた。

スタイルいいじゃん!
かっこいいじゃん!!
ヨッ 魔性の女!!!



ああ、エリーさんは
ドラマの中でちゃんと歳を撮っていたんだ。


ドラマの中で
エリーさんの涙の拭き方が
他の女優さんと違うなと思っていた。
西洋人はああやって涙をぬぐうのだろうか。
きっとそうなんだろうな。

エリーさんを見ていると
椅子に座る動作
涙をぬぐう動作
それぞれ一つとっても
異文化交流なんて言葉も去来する。

私が見ているのは
女優シャーロット・ケイト・フォックスではなくて
エリーさんなんだろうな。
そして女優シャーロット・ケイト・フォックスさんは

私が今まで知らなかった
本当の
プロの女優さんなんだろうな



かっこいいなぁ…


人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:一言いわせて
本屋さんに行った。

整理整頓が苦手なので
本も極力買わないようにしている。
なので本屋さんに行くのは
背表紙を眺めて
ちょって手に取って
パラパラと眺めるだけだ。
そんなことをしていると、
「これは買った方がいいかも」なんて
耳元でささやく何かがいたりして、
ジワジワと我が家が
本に侵略されてしまう…

アカン…

いや、ともかく
背表紙を眺めているのは楽しい。
これは!
と思ったのをパラパラするのも楽しい。
そして、同士がたくさんいる。
同士は大切にしなければならない。

ところがこの同士の中で
許しがたい同士がいる。
本棚にぴったりくっついて
本をパラパラしている同士だ。
一歩、
あと一歩、本棚から離れてほしい。
そう、あなたがくっついている本棚に並んでいる
その本棚に陳列れているその本の背表紙が
私に語りかけているのよ~~!


最後に一言

パラパラする本に対して
敬意を払わない奴は同士とは言わない。




人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:ボランティア
音楽ボランティアを始めたの時は
急ごしらえでクリスマスソングを練習し、
年が明けて
「たきび」や「冬景色」、「かあさんの歌」など
冬に因んだ歌を用意した。

冬の歌は当たり前のことながら
寒い歌が多い。
寒さに立ち向かい歌が多いせいか、
あまり続くと「しんどいなぁ…」と感じてしまう。

2月になって
「うぐいす」を歌った時はなんだかホッとした。
背中のこわばりが少し解けたような気がした。

今週に入って気温がぐっと上がってきた。
三寒四温とはいえ、春めいてきて
梅の花もいたるところで目にするようになった。
気が付いたら
石油ファンヒーターも点火していない。

「春よ来い、早く来い」と歌うと
縮こまっていた心まで背伸びをするようだ。
春の歌は暖かい。
曲もたくさんある。
その種類の多さをみると、
如何に日本人が春を待ちわびていたかがわかる。
そろそろ卒業に因んだ歌も用意しよう。

近所の河津桜もほころんできた。
少し上を向いてみよう。



人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:ひっそりと
ツイッターのホットワードに
「曽野」という単語があった。
どうやら苗字らしい。

昔読んだ、
曽野綾子著「太郎物語 大学編」に

太郎が中年になる頃、
日本は四人に一人が老人ですってね。
   …(略)…
(お父さんたちは)危険思想に辿りついていたよ。
自分達は親をみるけれど、
子どもには、自分達を捨てるように言おう。
そうでなければ、次代は老人によって
つぶされることは明らかだから、と言うのです。


という一文があった。
1976年の文章である。

40年近くたった今、
超高齢社会と叫ばれるようになって、
私も高齢者問題にかかわるようになって、
ふと思い出す一節でもある。



小説と実在の人物を同一視してはいけないが、
今現在、このご夫婦はどうしているのだろうか。

奥様はお元気なようだが…



人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:一言いわせて
車を車検に出した。
私は今どき珍しい「無免許」なので
車がどうやったら動くのかよくわからない。

今年も「一日車検」にお世話になったので
朝、車を出して
夜、車を取りに行く。
くるまを運転する夫チャルメラは
この日一日で往復9キロを歩くことになる。
ご苦労なことだが、本人の選択なので仕方ない。

私も車を取りに行くときに一緒に歩くことにした。
片道4.5キロだ。

3キロぐらい歩いたころだろうか。
突然、エネルギーが切れたごとく
足が前に進まなくなった。
しかし、目の前にコンビニがある。
そこでソフトクリームを買って食べ
エネルギーを補充して
無事、完歩した。
歩いて身体がほてっていた身体に
ソフトクリームは本当に美味しかった。


最近、とみに運動不足である。
ウォーキングをすればいい。
ウォーキングするのに
我が家の環境はうってつけである。
この場所に居を構えることが決まった時、
密かにウォーキングを心に決めたのだった。

しかし、一人で歩くのは
思いの外、虚しかった。
周囲は健康を意識した高齢者が多く、
歩いていると場違いなような気もした。
どこまで歩こうかなんて考えていると
エネルギーとか、水分補給とか
密かに計算ばかりして、
歩く以上に気を使って楽しくない。

ところが、チャルメラと歩くと
途中でエネルギーが切れたとはいえ
楽しかった。
苦にならなかった。
しかし、チャルメラには会社がある。
毎日、一緒に歩くわけにはいかない。

お散歩友達が欲しいなぁ…

梅がほころび
桜の木がささやき始めた今、
切実にそう思う。



人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:ひっそりと
海水の塩分濃度が約3%だということは知っていた。
ところが、
海水濃度と生物の体液の濃度がおんなじだと
要するに生理食塩水は3%だとずっと思い込んでいた。
Wikipediaにも
「まことしやかに」と記述があるくらいだから
都市伝説のごとくささやかれていたのは事実だろう。

なぜ、この歳になって
生理食塩水と海水の塩分濃度を調べることになったか。

数日前に食塩水で九死に一生を得た事件があり
さらに「便秘 食塩水」と検索を進めていくと
「ソルトウォーターバッシング」という言葉にたどり着く。

朝の空きっ腹に生理食塩水を1リットルのんで
腸内洗浄をするという
体にいいのか悪いのかよく解らない健康法である。
なんせ、朝一番に塩分10グラムを摂取するのだ。
説明によると、
生理食塩水は腸内を通過するだけなので
腎臓には負担をかけないということらしい。

信じていいのだろうか。

さらに検索してみるが、
ダイエット方法紹介のホームページ内での
コメントでは絶賛されているが、
「私は実際にやってみました。効果絶大でした」
というデータには、あまり行き当らない。
これはダイエット七不思議の一つだと
かねがね感じている。

信じていいのだろうか。

でも暇なので、やってみることにした。

幸いにも朝ご飯は食べていない。
みごとな空きっ腹だ。
お湯を少し沸かして、
小心者の私は少なめに小さじ2杯の塩を
ぬるま湯1リットルに溶かして
何も考えずに飲む。

飲んだ直後は
お腹がキュンキュンしてきたが、
その後の音沙汰はない。

塩分10グラムを無駄に摂取しただけだったのか
心配になってきた頃
自然に呼ばれた。
あまり具体的に表現するのは控えるが、
腸内洗浄とは言えないまでも
不愉快ではなかった。

便秘対策にはいいのではないか

というのが私の実感。



人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:ボランティア
20年以上も前のお話

新聞の投稿に
「親の介護をしています。
 ヘルパーさんに来てもらっているときに
 趣味であるコーラスに行ったら
 周りから非難されました。」
という記事があった。
介護という言葉がヨチヨチ歩きだった頃の投稿で、
それなりに物議を醸しだした。
「親の面倒を人に任せて
 自分が遊びまわるとは何事だ」
という意見が多かった。

それに前後して、
ワイドショーが
「日本の新しいプリンセス」に熱中していたころ、
皇族の方々が老人ホームを見学なさったとき、
高齢者が音楽に合わせて鈴を振り、
ご夫婦を歓迎していた様子が放映された。
年配の女性コメンテーターがその様子を見て
唇を震わせてキッパリと言い放った。
「あんな幼稚なことをワタクシの親にはさせません」



先日、音楽ボランティアで
クラーマー作曲の『ルソーの夢』を披露した。
全曲は無理なのでさわりの部分だけ。

ピアノ教育界の大御所、クラーマーが作曲した
『ルソーの夢(Rousseau's Dream)』なんて書くと
大それた大曲のようだが、
実は『むすんでひらいて』の変奏曲で
私が弾いたのは
そのなかでも簡単なバリエーションだった。

利用者さんの盛大な拍手を背中で受け、
お辞儀をしようと振り返った私が見たものは、
「むすんでひらいて」のポージングをしている
高齢者の方々。

高齢者に幼児遊びを強要してはならない

というポリシーをものの見事に打ち砕いて
皆さんと一緒に盛大に

むすんでひらいて
手を打って
むすんでぇ~~



参考までに
これはシューベルトの『ルソーの夢』



人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:ひっそりと
子どもの頃、
家族で買い物に行くと
よく母とはぐれていた。

そしてよく怒られた。

ちゃんとしなさい。

好き勝手に動いてはいけません。
前を向いて
ちゃんとお母さんについてきなさい。

ところがある日気が付いた。

ちゃんとしていないのは
お母さんの方だ


母の後ろをついていくと、
「あ、あれ。 素敵ね」
「あ、これ。 なんだろう」
と真っ直ぐに歩かない。
本能のままに目についたものに吸い寄せられている。

小学生がこの引率についていけるはずはない。
母の行動が予測できるはずもない。


最近、買い物に行くと
小さい子がおかあさんに怒られている。

ちゃんとしなさい!

うん、
おばちゃんは知っているよ。
君の人生も苦労するよね…



人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:ボランティア
音楽ボランティアでは
「引き出しを開ける」ということができればいいな
と思っている。

「引き出しを開ける」というのは
漠然とした言い方だけど
懐かしいことを思い出して…
学術的にはこの文章の後に、
「脳の活性化」なんていう言葉が続くのだろうが
私自身も漠然とした概念だから
そんなことはよく解らない。

それでも引き出しを開けていきたいと思う。

前回のボランティアでは
「紀元節の歌」を歌った。
私の誘導が下手だったので
話題は広がらなかったが、
利用者さんが皆、しっかり歌っていたので
職員さんがびっくりしていた。

他に引き出しを開ける歌はないのだろうか…

といろいろ探してみたら
「梅に鶯」という今の季節にピッタリの歌が見つかった。
旋律だけを追うとあまり面白みのない曲だが、
伴奏がいかにも可愛らしくて
ご披露したくなった。

伴奏は出来れば忠実に再現したい。
可愛らしい伴奏なら、なおのこと。
そう思って練習したが、
当日は緊張も相まって、
簡単なコード進行の伴奏になってしまった。

利用者さんに背中を向けてピアノを弾いていたら
小さいハミングが聞こえてきたような気がした。
でも、その後
「この曲、ご存知ですか」
と訊いたら、みなさん首をかしげている。
「これは梅に鶯というまるで花札のような歌です」
と言って、笑いを取った後、
「うーめの小枝で、ウグイスがぁ~」
と声を合わせて大きな声で歌った。


まあ、そんなとこかなぁ…



人気ブログランキングへ

copyright © 2020 西の窓から富士山に向って法螺を吹く all rights reserved.Powered by FC2ブログ