FC2ブログ

プロフィール

藤野 法螺貝

Author:藤野 法螺貝
うどんと富士山が好き!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


数字LOVE


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
14985位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
1764位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:出来事
昨日は防災訓練だった。
地元の消防団員の方から
消火器の使い方などの説明を受けて、
アルファ米の炊き込みご飯を頂いて帰宅。

小雨が降っていたので
みなさん、さっさと帰宅する。
私もさっさと帰宅するが
その道すがら
ご近所さんとおしゃべりをした。

今日はいいけど、
防災ずきんは暑いですよね。

そういえば
小学校へ上がるとき、
防災ずきんを用意するのは
関東地方だけなのだろうか。
社宅から関西方面へ転校する奥さんが
もう使わないからと言って
防災ずきんを学校へ寄付していた。

西日本で小学生時代を過ごした私も
防災ずきんの思い出はない。
あるのは、
娘キャンドルの防災ずきん入れを
ママ友のお宅に作りに行き、
あまりの出来の悪さにママ友が絶句して
申し訳なさそうに
私の縫い目をほどいて
手直ししてくれたことくらいだ。

良い友達を持って幸せだ。

職場にも防災ずきんがある。
天気のいい日には
きれい並べて干してある。
利用者の皆さんに
「防災ずきんを片付けるので手伝ってください」
とお願いすると
「はいはい、防空頭巾ね」
と言いながらお手伝いして頂くのがお約束。
職員は頑張って「防災ずきん」というが
利用者さんはにこやかに
「防空頭巾」を受け取っていく。

私も昨日は三度ほど
「防空頭巾」と口をすべらせてしまった。

スポンサーサイト




人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:一言いわせて
週間天気予報を見てため息をついている。
雨マークがズンズンと並んでいる。

困ったもんだ…

今年は狂乱的な猛暑だったが
エルニーニョらしい。
本来エルニーニョの年は
冷夏ではなかったか。
断定はできないが、
今年は湿度が高かったような気がする。

今年はやたらめったら暑く
話下手な私でも
「熱中症に気をつけましょうね」
なんて言っていたら、
それなりに会話がはずんで、
それはそれですごしやすかった。

これから一週間は
「雨が多いですね」
「洗濯物が乾かなくて困りますね」
という会話で世間話は
乗り越えられそうだが、
世間話がはずんでも
洗濯物は乾かないし、
野菜の値段も高くなる。

週間天気予報を眺めながら
明日当たり、
オセロゲームみたいに
コロコロコロと
お天気がひっくり返らないかと
念力を送っている。



人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:音楽
電子ピアノが直った。
うれしい
うれしい!!

修理の日は
夫チャルメラが自宅にいた。
もちろん、大掃除をしてもらう。

お昼過ぎに修理屋さんから
「お宅の場所がわかりません」
と電話がある。
毎度のことなので、慣れた調子で
チャルメラに迎えに行ってもらった。

どうも、どうも。
いえ、いえ、よろしく。

大人の挨拶を交わして
電子ピアノの前に案内する。

「よほど練習なさっているんですか?」
「弾き込むご家庭に、起こりやすい故障なんですよ」
といいながら、
さっそく、丁寧にネジをはずし、蓋をあける。
もちろん、私たち夫婦は好奇心いっぱいで
覗き込む。
打鍵を保護するフェルトが無残にも垂れ下がってる。

ここがこうなって、
ああなって…。

と説明を受けながら
作業を見守る。
手際の良い作業を覗き込むのは楽しい。

「どなたが主に弾かれるのですか?」
「どこかで教えていらっしゃるのですか?」

などとプライドを気持ちよくくすぐってもらって
電子ピアノの内部も掃除してもらった。
ひっきりなしにハンカチで
汗をぬぐっていらっしゃったので
用意した麦茶と水菓子をお出しした。

今日のような陽気で良かったです。
猛暑の時、室温が37℃くらいになりますから…

私のタッチにムラかあるからかも…
と疑心暗鬼で弾いていたが
その心配もなくなって
気持ちよく練習が出来るようなった。
しかしそうなると、
なんとなく気持ちのネジが緩んでしまって
ちょっと練習をさぼっている。



人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:ひっそりと
狂乱的な夏の暑さが収まってきた。
熱中症の心配も徐々になくなり
汗が噴き出るということもなくなってきた。
蝉の声も小さくなり
夜には秋の虫の声も聞こえてくる。

やっと涼しくなる。
あの猛暑から解放される。

涼しくなったら散歩をしよう。
先日の「ためしてガッテン」で
ちょっとキツイ運動をちょっとだけすると
疲れにくくなるということを見たので
我と我が身で
人体実験とその実証をしてみたい。

涼しくなったら
涼しくなったら
涼しくなったら

あの猛暑の中
何度この呪文を唱えただろう。

そして涼しくなった今
なんとなく物寂しさを感じるのは
何故だろう。
涼しさを感じるとホッとする反面
あの狂乱的な暑さを恋しく思う。

春を迎えるあのウキウキ感とは程遠く
秋を迎えるこの憂鬱さに戸惑いを覚える。

日の出が少しずつ遅くなり
日の入りが少しずつ早くなる。
そんなことに急に気が付いて
何故か焦りを感じる。

大人になったからか
歳を取ってしまったからか
秋の訪れをしんみりと受け止めている。


人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:実はお仕事
D子さんは歩行困難で
認知症もある。
いろいろと我が儘を言って
職員の手を煩わせる。
そのD子さんが
車椅子使用になってしまった。

D子さんの車椅子姿を見て
胸がつまってしまった。
いつもの大きな声も出ない。
上司にあたる職員が
「いずれは歩行訓練も…」
と言っていたが
それは建前のお話だろうと思った。

しかしながら、
私の予想は見事に裏切られた。
経験のある職員の見解はさすがだと思う。
D子さんは職員の手助けがあれば
よっこらしょと自分で立ち上がれるようになった。
先輩格の職員が誘導する
短い距離を歩けることもある。

そしてD子さんは自己主張する。

今何時?
家にはいつ帰れるの?
トイレに連れて行って。
私がこんなに困っているのに…

大きな声でのべつくまなく
しゃべっている。
私はオロオロし、
職員は振りわされる。

D子さんは我慢をしない。
たぶん、いろいろと不安なんだろう。
なんとしても職員の気を引こうと
ありとあらゆる手段を使う。

理性がなくなってしまってる…

D子さんに振り回されっぱなしの私は
そんなことを感じていた。

そしてD子さんは、誰の手助けもなく、
ひょいと立ち上がってしまった。

さらにあわてる職員一同!
そして私は気が付いた。

D子さんは理性がなくなってしまった。
周囲に気を使うことは出来なくなっている。
だから、だからこそ
きっと自分に失望していない。
「もう、歩くなんて無理だ」
なんて絶対考えていない。
歩けるとも思っていないかもしれないが、
歩けないとも思っていない。

理性がないということは
実は希望なのかもしれない。


人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:出来事
ピアノを弾いている。
弾き歌いの練習をする。
移調もする。
必要に応じてアレンジもする。

認知症を予防するには
同時に二つ以上のことをするといいらしい。

楽譜を見ながらピアノを弾く。
その上、歌詞を確認しながら歌うということは
思いがけずエネルギーを使う。
移調もしかり。
アレンジもしかり。

私はしっかりと認知症の予防は出来ている。
「音楽家は認知症になりにくい」
そんな記事を検索して
安心感を積み上げている。


週に一度、仕事に行っている。
昨日はいろいろと準備をして
雨の心配をしながら
家をでた。

ふとT字路で一瞬
足が止まった。

右にいくんだっけ。
左だっけ。

足が止まったのは一瞬だったけど
背筋がゾッとした。


人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:一言いわせて
昨日は10時になると同時に
「お客様サポートセンター」に電話し
修理依頼をした。

スケジュールの打ち合わせは
担当業者の方から連絡させていただきます。
ということだった。
早く日程を決めて少しでも早くスッキリしたかったが
担当業者さんから
我が家に連絡があったのは夕方。

世界の法則 その1である。
これは私の類まれなるせっかちのせいで
まあ、いたしかたないであろう。

そして、修理依頼の電話をして
ピアノの練習をしていると、
最初の10分では
何度か例の不具合が出てきたが、
午後からの練習は一度も再現されなかった。

世界の法則 その2であろう。

現象が起こらないからと
修理をキャンセルしようかと思ったが
そんなことすると、
その瞬間、不具合が再現されるに決まっている。

世界の法則 その3だから。


昔々、母が
子どもの具合が悪くなって
病院につれていくと
待合室で待っている間に
元気になったことが何度もあった
という話をしていた。

どこか似ている。
世界の法則 その8ぐらいに
ランクインされるのかもしれない。



人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:音楽
高校時代は吹奏楽でクラリネットを吹いていた。

   僕の大好きなクラリネット
   パパからもらったクラリネット
   とっても大事にしてたのに
   壊れて出ない音がある。
   ドとレとミの音が出ない

キーの調子が悪いのだろうか。
パットに穴が空いたのかな。
まさか落っことしたんじゃ…

歌詞がうろ覚えだったので
吹きながらそんなことを考えたことがある。
それで調べてみたら

   ドとレとミとファとソとラとシの音が出ない

全部じゃないか。
リードが悪いんじゃないか
突っ込んでもしょうもないことを
突っ込んだことがある。

先週あたりから電子ピアノの調子が悪い。
気のせいかなと思っていたが
昨日、夫チャルメラに確認してもらったところ
確定的になってしまった。
レとラと、ときどきソの音が
何かの拍子に大音量になってしまう。

それで昨日から憂鬱だ。
自分で買った電子ピアノだから
だれにも怒られないが
修理を依頼する電話や修理費、
それまでの練習やスケジュールの打ち合わせ。
一つ一つは大したことないけど
(修理費以外)
それらが小さなストレスで
重く重くのしかかってくる。

とりあえず、まず電話から。

オ パキャマラド パキャマラド パオパオ
   パンパンパン
オ パキャマラド パキャマラド パオパオパ

      そんな呪文だったのか



人気ブログランキングへ

DATE: CATEGORY:ひっそりと
浄水ポットのお世話になっている。
今日もすでに
麦茶を作るときにお世話になり
ご飯を炊くときにお世話になり
味噌汁を作るときもお世話になる。

浄水ポットは水道と違い
浄水化するのに
若干の手間と時間がかかる。
ポットに水を入れる。
カートリッジを通過するのをじりじりと待つ。

せっかちな私が麦茶を作るときは
大量の浄水済みの水をコップに入れて
ストックしておく。

そんなこんなで
朝は浄水の大量生産に忙しい。

ふと、こんなに大量生産して
カートリッジの処理能力は
大丈夫なのだろうかと不安になった。

カートリッジはインジケータが
取り換え時期を教えてくれる。
目を凝らしてカートリッジを眺めていると
小さな字で

一日3.5リットル使用の場合

なんて書かれているではないか。

麦茶は2リットル作った。
もうそれだけで一日の処理能力の
半分以上を使っている。
もしこれが娘キャンドルが帰省していた時だと
これでは足りないことになる。

あまり深く考えないことにした。

古い歌の歌詞の一部がふと蘇る。
内藤やす子の「思い出ぼろぼろ」だ。

   蛇口に顔を近づけて
   水飲む音が聞こえてくる


私自身が、
水道の水を飲まなくなってしばらく経つ。



人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:未分類
3か月ぶりぐらいにバスに乗った。
バス停に向っている途中で
後ろからバスが追いかけてきた。
このバスに乗らなければ、次は15分後だ。

走った!

いや、白状すると
バスの運転手さんに
「そのバスに乗るために走っています」
と意思表示するために、
少し早歩きをして、
大袈裟に手足をバタバタさせた。

次の日、なんだか身体が重い。
たった、あれだけのことで
筋肉痛になったらしい。

買い物には自転車で行く。
雨が降っても大丈夫なように
週末には買いだめをしている。
そのせいか、
走ることは勿論、
歩くことに対してもハードルが高くなった。

歩かなければならなくなった時、
最短距離はどの道だろうか
坂が少ないのはどの道だろうか
なんて考えながら歩く。
歩くという行動よりも
考えているだけでヘトヘトになってしまいそうだ。

時々ウォーキングも考える。
水分補給とか疲労具合とか
外気温とかコースとか
歩きながら聞く音楽とか
なんかイロイロと計画しているうちに
やっぱり疲れ果ててしまう。


何も考えずに
気楽に気楽に歩きたい。
移動手段として
普通に、あたりまえに
歩くことを選択できるようになりたい。

もう、3年ぐらい前から
こんなことを感じている。


人気ブログランキングへ

copyright © 2020 西の窓から富士山に向って法螺を吹く all rights reserved.Powered by FC2ブログ