FC2ブログ

プロフィール

藤野 法螺貝

Author:藤野 法螺貝
うどんと富士山が好き!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


数字LOVE


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
5145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
645位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:ひっそりと
野菜売り場で白菜の存在が
幅を利かせるようになった。

問題はその値段だ。

四等分した白菜が198円だ。
去年のことはよく覚えていないが
これはかなり高額ではないだろうか。
それどころか、
一玉買おうとすると
800円ではないか!
四捨五入すると1000円ではないか!!

もはや、
マツタケか白菜かという高騰の中で
今年の鍋は高級品となってしまうのかと
絶望していたら
「もやし鍋の素」というパックをみつけた。

野菜高騰の中で
燦然と輝いているのが『もやし』である。
安定の安値である。
もやしなら山盛り買っても昨今の白菜より安い。

もちろん、チャレンジしてみた。

もやしを二袋購入した。
今回お世話になった「もやし鍋の素」は
ちゃんぽんのような味付けで
もやし臭さもまったく気にならず
とても美味しかった。

これはイケル!

反省点があるとすれば、
購入したもやしの量が
少なすぎたということだ。
もっと買えばよかった。
五袋買ったとしても、
白菜より安いではないか。

もやしやしやしもやしやしやし

「もやし」と入力しすぎて
「も」と「や」と「し」という文字が
なにかもやもやと動き出しそうになった。

とにかく
今年は「もやし鍋」を極めることにする。

スポンサーサイト




人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:出来事
久しぶりにパンを焼いた。

何年か前にコストコで
ホームベーカリーを買って以来
ご馳走っぽくしたいけど
気力がない…
という時には
パンを焼くことにしている。

夏は室温が
体温を超えることがあるリビングなので
毎年、夏の間は
イーストが過発酵してしまうので
秋の訪れとともにパンを焼くことになる。
そんなこんなで
本当に久しぶりのホームベーカリだった。

加齢とともに物覚えが悪くなって
レシピというか材料の分量は
ホームベーカリーについてきたレシピ集を
指さし確認しつつ
デジタルの秤(キッチンスケールというらしい)で
きちんと計り
メニュー選択ボタンも確認して
スイッチをいれた。

ごおん・ごおん

おなじみの音がして
順調に捏ね上げているらしい。
ここまでくれば一安心といいうことで
ピアノの練習をしたり
本を読んだり
洗濯物をとりこんだりして
バタバタしていた。

しばらくすると
イーストが活躍し始めたのか
いい匂いがしてくる。

なんて幸せな匂いなんだろう。

娘キャンドルも帰宅して
「わあ、パンを焼いているの!!」
と、大喜びして、鼻をひくひくさせている。

ピー

焼き上がりを知らせるブザーがなり
ワクワクして鍋つかみを片手に
ホームベーカリーの蓋をあけると…

そこにはパンとは程遠いものが存在していた。

全く膨らんでいないのだ。

何が悪かったのだろう。
イースト菌だろうか。
それともしばらく使っていなかったから
ホームベーカリーが壊れてしまったのか。

ネットで
「ホームベーカリー 膨らまない」
と検索して、
原因を突き止める。
捏ねる為の羽も問題ない。
スイッチを押して動作確認をしてみるが、
これもOK。
イースト菌は冷凍保存していたから
これも問題ないはず。
小麦粉も奮発して新しいものにした。


何がいけないんだろう

何がいけないんだろう

何がいけないんだろう

何度も何度も
ホームベーカリーとパソコンの周りをウロウロして
原因追究に没頭する。
悔やまれるのは
ホームベーカリーを信用していたので
捏ねる過程をチェックしていなかったことだ。

そのうち、
「水分が多いと、膨らまない」
という記事にぶち当たった。

全てが解決した…

小麦粉の量を間違えたのだ。
レシピの一番上には、水の量が書いてあり
小麦粉の量は一番下だった。
レシピに書いてある順番は
主要成分の順で書くべきと思い込んでいる私は
久しぶりだったため
とにかく「一番上に書いてあるのは小麦粉」と
硬く硬く信じて…
   以下省略

一件落着

ほっとしたのはしたのだが、
要するに私が悪かったのよね
と、へんに疑ってしまった
ホームベーカリーと
イースト菌と
小麦粉に
ちょっとだけアヤマッテ
出来損ないのパンを食べたお夕飯だった。


人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:出来事
中秋の名月とは
旧暦の15日の夜、
すなわち十五夜のことで
満月ではない。

と、去年調べたはずなのに
すっかり忘れていた。

昨日は中秋の名月だった。
ところが朝から雨が降っていて
昼前には雨も上がるかと期待して
洗濯もしてみたが
いつまでたってもグズグズと
雨が降っていた。

今年の中秋の名月は見えないなぁ

それでも夕方近くになって
少し晴れ間も出てきて
遅まきながら洗濯物も風に当てて
夫チャルメラと共に
買い物に出かけた。

なかなか献立が決まらなくて
スーパーを出た時には、
日はすっかり落ちていた。
車の窓から外をみると、
雲の切れ間が明るい。

お月さまはあそこにいるのね。

なんて思っていたら
みるみるうちに雲の切れ間が広がり
徐々にお月様が顔をみせた。


出た 出た 月が
まるい まるい まんまるい
盆のような 月が


本当にその歌のように
丸いお月さまが出てきた。
さすが名月と言われる今宵のお月様。
思わず見とれてしまう。

運転しているチャルメラも
このお月様に気が付いたようだ。

大きな月だね

なんて言っている。
このタイミングで
お月様を見るとこが出来た幸運を
共に語り合い、喜び合いたいが
チャルメラは運転中である。
命と引き換えには出来ない。


隠れた 雲に
黒い 黒い 真っ黒い
墨のような 雲に

また出た 月が
まるいまるい まんまるい
盆のような 月が


その歌のように
お月さまに見守られながら
帰路を急いだ。


人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:ひっそりと
ヘンなものが急に欲しくなる。

お世話になっているデイサービスでは
何処がどうなっているのかわからないが
近くの梅の木から梅の実を拾って
どこからか赤シソを調達し
いつの間にか梅干しを作っていた。

この梅干しは我が家の食卓を
潤すことになるのだが
先月当たり、
梅酢が出来たと言って
ビン詰にしていた。

「お持ち帰り用のペットボトルがあれば
 分けてあげるよ」
と言われたが、
あいにく持ち合わせていない。
残念がっていると
「梅酢っていろいろと使えて便利なのよね」
と情け容赦なく我が傷心に塩をぬる。

傷心をかかえたまま、何日かたったが
先日、スーパーで梅酢を見つけてしまった。

おもわず買ってしまった。

ペットボトル二本をよく洗い
こぼさないように注意しながら
移し変えて冷蔵庫に入れる。
それでなくても
無駄な物ばかりはいっている冷蔵庫が
さらに余裕がなくなり
舌打ちが聞こえてきそうだが
それはそれ、かなり満足している。

いろいろと使えそうで、ワクワクするが
さしあたっては
夫チャルメラに持たせているおにぎりを
ピンクに染めて
乙女チックなおにぎりにしている。

梅酢でそめたごはんが余った時は
私のおやつである。
ピンクのご飯は
それだけで”おやつ感”満載で
ついつい多めに作って
多めに食べてしまう。


人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:お出かけ
曼珠沙華が何かの目印のような
シルバーウィーク最終日。
連休の集大成のようなさわやかなお天気だった。

こうなると、どこかに出かけて行きたい。
秋を満喫するためには
自転車で出かけよう。

出かけようよ~~
出かけようよ~~

ということで
夫チャルメラと共に
自転車で近所を散策することにした。
目指すは、
車で道に迷った時に潜り込んだ公園である。

もちろん、金木犀が香っている。

近所で道に迷うとはなんたることか。
と車に乗っているときは
そんなことも思ったが
近所なのでどこをどう曲がれば『迷う』のか
わかっているから
今回の散策は楽勝である。

計画通り道に迷い
目的地についた。
公園の近くには大きなお寺がある。
普段なら閑散としているお寺かもしれないが
その日は彼岸の中日なので
車が出たり入ったりしている。

お墓参りの邪魔にならないように
石段を上ると広い境内があり本堂がある。
そして鐘つき堂まであるではないか。

うれしくなって近寄ると
「全自動により 立ち入り禁止」
と、案内板があってちょっとがっかりした。

それにしても
どうやって鐘をつくのだろうか


鐘つき堂の周りをうろうろするが
よくわからない。
立ち入り禁止と書いてあるので
立ち入るのも憚られる。
あきらめてそろそろ帰ろうかと
チャルメラと共に鐘つき堂に背を向けた時

ご~~ん

突然、鐘が鳴った。
びっくりして振り向くと
鎖で吊られている撞木がゆらゆらしている。
神様か仏様が私の意を汲んでくれたとしか思えない。
再度、鐘つき堂の下に行くと
ジーーーと音がする。
そしてあっという間に撞木が動き、再度

ご~~ん

目を凝らしていたけど
いったい何がどうなったかわからない。

ご~~ん

申し訳ないが、鐘つき堂の階段をあがり
その仕組みに目を凝らす。

ご~~ん

ご~~ん

結局、どんな仕組みなのか良く判らなかったが
夫婦そろって鐘つき堂に手を合わせ
何か素敵なプレゼントをもらったような気分で
お寺を後にした。



人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:一言いわせて
この夏、夫チャルメラが老眼鏡を作った。
お世話になっている合唱団で
楽譜をみるための中近両用メガネだ。

いままで安物の老眼鏡を使っていたが
それだと指揮者がぼやける。
いままでクリアに見えていた視界が
メガネをかけることによって
ぼやけるのが許せない!!
という、とてもわがままな理由で
大枚をはたいて眼鏡をつくったというわけだ。

予想通り、文句を言い出した。
楽譜を見るための視野が狭い。
これなら今まで使っていた
安物の老眼鏡の方が良く見える。
安物の老眼鏡を
いわゆる「鼻メガネ」にしたほうがいいらしい。

幸いにも今回作ったメガネは
半年以内ならレンズの交換が出来る。
それで、
せっかく大枚をはたいたのだから作り直せば
と言ったが、さらに文句を言う。

このレンズを選ぶときに
ありとあらゆるこちらの希望を説明した。
店員さんもそれに応えてくれた。
レンズを作り直しても、
意味があるとは思えない。

ここからの説得が何故か大変だった。
私としては
中近両用のレンズは諦めて
キチンと度があった老眼鏡を作れば
と、提案してみたが
この日本語がなかなか通じない。


今まで使っていたメガネがある。
わざわざ作り直す必要はない。

せっかく作ったメガネ代がもったいないじゃない。



この会話を幾度となく繰り返し、
最終的には
「高級鼻メガネを作ると思えば?」
というキーワードで
やっと納得した。

その発想はなかった

とチャルメラは深いため息とともに
同意したが、
私はその発想がないこと自体に驚き、
疲労感と共に深いため息をついた。


人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:ひっそりと
ご飯を食べる時には
テレビは環境ビデオをあだ名した
旅行番組をつけていることが多い。

美しい景色や
おいしそうなお料理
清潔感と高級感が漂うホテル
車窓から眺め
湯気が立ち上る温泉
中居さんが運んでくれるお食事

健康推進番組から流れてくる
「あなたは病気かもしれない」という脅し文句や
様々な美しくないの画像より
ずっと美味しくいただけるような気がする。


先日も私が無理矢理セレクトした番組を見つつ
手間と心があまりこもっていないお夕飯を食べていた。

娘キャンドルがポツリと言った。

ホテルで生活がしたいなあ。

「生活感」的な
料理とか掃除とか洗濯とか
それが自動的に供給される生活。

うん、それは私もあこがれるよ。

そう言おうとしたとき
キャンドルは再び口を開いた。

今の生活とあんまり変わらないんだけどね。

キャンドルは一人暮らしをしていたが
実習の関係で帰省している。
帰省した次の日の朝
キャンドルが朝ご飯を食べようとして

ふぁ~~、朝ご飯がある~~

と寝ぼけ眼でつぶやいた。
そして朝早く出て行き、
帰宅したらレポートなどで忙しそうだ。

私は二人分だった食事を三人分つくり
洗濯の量も増えた。
掃除はしない。

私がついでにしている家事と
ホテルのサービスを
かなり大胆に同列に扱っているが

わかればよろしい。


人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:一言いわせて
朝の連続テレビ小説「まれ」が最終週になり
NHKは来週から始まる「あさがきた」の
紹介にいそがしい。

型破りなヒロイン

「あさがきた」の紹介で
何度も繰り返されるキャッチフレーズである。
どうやらこのヒロインは
とてもお転婆で
正義感が強くて
おっちょこちょいらしい。





歴代の朝ドラで
大人しくて、
周囲の意見に流されて、
思慮深い女の子が
ヒロインだったことがあるだろうか。

木登りをしている今回のヒロインを見て
どこが型破りなんだ!
と気を悪くしてしまった。
だいたい、朝ドラのヒロインは
何故か第一話で木登りしているような気がする。

典型的な朝ドラのヒロインではないか!

番組宣伝の段階で
罵倒したくなるプロフィールを持つヒロインである。


子どもの頃、
近くの神社の松の木に
登ってあそんだことはある。
飛びぬけてお転婆でもなく
人に強く言われると黙り込んでしまい
おっちょこちょいだが
そのおっちょこちょいが突破口になることもない。
そして歴代のヒロインにある
天賦の才ももちろんない。

向上心という言葉に背を向けて
平々凡々に生きてきた50女の
僻みかもしれないなと思いつつ、
きっと「あさがきた」も
毎朝2回、
見るんだろうな…

今回のヒロインは朝寝坊なのかな…



人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:出来事
ご近所さんにお呼ばれしたので
いろいろ考えた末、
卵焼きを持っていくことにした。

餃子
肉じゃが
ハンバーグ

私は形ある料理が苦手で
餃子なら皮が破れる
ハンバーグは不揃いになる
肉じゃがは煮崩れる。

その中で卵焼きは唯一、
見栄えの良くできる私の得意料理である。
夫チャルメラも卵焼きを提案すると
反対はしない。
申し訳ないが、材料費は安い。

普段、お弁当に入れる卵焼きは
小さめのフライパンで
ひょいひょいと作るが、
見栄えを重視する時は
精神統一してそれに臨む。

使う卵は7~8個
ただし味付けはインスタントの白だし。
とても重くて大きなツインパンに
専用とも言えるフライ返し。
そのフライ返しをもっても
なかなかうまく返すことが出来ないが
とにかく祈るような気持ちで
卵を巻いていく。

実は途中で失敗しても
最後の一巻がうまくいけばどうにかなる・
最後の一巻がうまくいかなかっても
アルミホイルに包んでどうにかする。

とにかく
「気合だ!気合だ!!」
「大丈夫!大丈夫!!」
と呪文を唱えながら
頑張って作る卵焼きである。

今回もどうにかこうにか巻き終えた。
チャルメラが横で踊りながら
気合を送ってくれたおかげで
黄色いステーキとも噂されるような
卵焼きが出来上がった。

めでたしめでたし。


人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:出来事
昨日の朝ご飯はお粥だった。
圧力鍋で炊くのでそれほど大変ではない。
今朝は朝っぱらから小豆を炊いた。
圧力鍋で炊くのでそれほど大変では…

大変だった。

昨日あったはずの圧力鍋の錘がない。
鍋があった場所、
昨日使ったコンロの周囲、
引き出しの中。
捜したけどみつからない。
これは困った。

飛べない豚はただの豚だが、
錘のない圧力鍋も、ただの鍋だ。

もちろん、今朝の小豆も炊けないが
お粥も炊けない。
わが家の休日の朝ご飯は
かなりの確率でお粥なのだ。

困った困った

最近、ボーっとして
思いもかけない行動に出ることがある。
無意識のうちに
とんでもないことをしてしまったかもしれない。
そう思って、かすかな期待を胸に
生ゴミを捨てる袋を持ち上げてみた。

かすかに重い。

生ゴミなんて水っぽいものから
かさばるものなど
いろいろあって、
ただ持っただけで
異変を感じることはまずないのだが
なんとなく「重い」と感じたのだ。

祈るような気持ちで
ゴミ袋をのぞいたら…

ありました!!

昔から無意識のうちに
とんでもないものをとんでもないところにおいて
鍵が無かったり
スマホが無かったり
財布が無かったりしたが
まさか圧力鍋の錘を生ゴミとして捨ててしまうとは…

圧力鍋の錘は燃えないゴミじゃないと…

というわけで
念入りに錘を洗い、
お呪い程度にアルコール消毒もして
無事、小豆を炊くことができた。

めでたしめでたし。



人気ブログランキングへ

copyright © 2020 西の窓から富士山に向って法螺を吹く all rights reserved.Powered by FC2ブログ