FC2ブログ

プロフィール

藤野 法螺貝

Author:藤野 法螺貝
うどんと富士山が好き!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


数字LOVE


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
17125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
1948位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:一言いわせて
今年の不満は今年のうちに…
ということで
今年、特に強く感じた違和感を書いておく。

音楽ボランティアは楽しい。
実は準備段階では
利用者さんに受け入れられるかと
不安だらけで、施設に行くときは
「敵陣に乗り込む」
といった気力が必要だ。
しかし、2年間続けていると
お互いに信頼関係が生まれて
職員さんとの阿吽の呼吸なんかもあり
充実感がある。
そしていつも直立不動で挨拶され
とても恐縮してしまう。

そんなボランティアもあるが
実は気が進まないボランティアもある。
『S』である
こちらは紆余曲折というか
不本意というか
納得がいかない形でボランティアが始まった。
はっきり言うと
職員として働いていた施設が
ボランティア施設となったのだ。
お陰で音楽ボランティアとしては充実はしているが
まあ、はっきりいって納得していない。

その中でも私の脳裏にはっきりと刻み込まれたのが
施設長の言葉だった。
ボランティアが終わった時に挨拶をすると
「はい、おつかれさま」
と返事があった。

おつかれさま
おつかされま
おつかれさま…

何故かとても違和感があった。
とても失礼ではないかと感じた。

帰宅した後
「ボランティア お疲れ様」
で検索したが、
気になる記事は見つけられなかった。
なので、その言葉を
いろいろなシチュエーションに置き換えてみた。

同じ施設でも調理担当の人に
「お疲れ様」と言われたときはうれしかった。
送迎担当の職員さんに言われたときも
次回への活力となった。

何故、施設長なのか。

紆余曲折&不平不満の張本人の一人ではある。
それでも私はそんなに心が狭いつもりはない。
もう一人「お疲れ様」と言われて不快感を感じたのが
デイサービス担当の介助職員だった。
ボランティアの時間、直接かかわる職員だった。


糸魚川でボランティアの募集が始まった。
災害復興ボランティアさんに
私は心から「お疲れ様です」と言いたい。
でも私が被災者だったら
「お疲れ様」とは言えない。

スポンサーサイト




人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:一言いわせて
世間では○川急便なんて表記しているが
私はここではっきり書く。

佐川急便。

この街に引っ越してから
佐川急便に2度ほど
不愉快な思いをさせられた。

ひとつめは
娘の卒業アルバムが届かなかったこと
ふたつめは
佐川急便の配達車に接触しそうになったこと

卒業アルバムの方は
とても読みにくい謝罪メールが来た。
『何卒、寛大なるご処置を賜りますよう、
 切にお願い申し上げます。』
と文末に書いてある。
その読みにくいメールを読解したが
わかったことは
会社の雰囲気があまりよろしくなさそうだということだった。

ふたつめは近所を歩いていた時。
横断歩道の上に佐川急便の配達車が停まっていた。
運転手は携帯を一心不乱に見ていた。
その横断歩道を渡っていたとき
配達車が急発進した。
あわてて飛び退いたので事なきを得たが、
本当に怖かった。

横断歩道の上に停車していいものだろうか。
そしてその上で携帯など見ていていいのだろうか。
そして前を確認せず、急発進していいのだろうか。

とにかく佐川急便を
極力使わないようにしている。


人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:未分類
ファーストフード店やコンビニに行くと
若々しい声で迎えられる。
若々しいんだけど、
鼻にかかった甲高い声で
ちょっと舌足らずのようにも感じる。

どこに行っても
そんな声で迎えられる。
この世のどこかに
「接待における発声マニュアル」
でも存在するのだろうか。

そしてアラフィフのおばさんは考える。

私にその声が出せるだろうか。

買い物から帰って
ちょっと練習しようと思ったが
誰が見ているわけでもないのに
恥ずかしくてできなかった。

まあ、いいかぁ…
その時が来たら考えよう。
それにしても
店員さんは発声練習でもしているのかな。
ひょっとしたら、その声が出る出ないで
採用が決まったりするのだろうか。

真実はわからない。
わからないが、
よく行くスーパーで
年配の人のレジに並んだ時
ちょっとした違和感を感じた。
そのレジの人は
声がちょっとハスキーなのだ。
ハスキーなのだがとても頑張っていて
声の抑揚や間の取り方は
他の人と同じなのだ。

申し訳ないが、
唐突に
「年寄りの冷や水」ということわざが
脳裏に浮かぶ。
自分で失礼極まりないと思うのだが
脳裏に何度も浮かんでしまう。


人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:ひっそりと
図書館で池波正太郎を立ち読みした。

昔から氏の食のエッセイが好きで
探せば家にも何冊かあると思うが
慌ただしく時間を気にして読むのは
何とも楽しい。

柚子の件があった。
氏はいろいろな物に柚子をしぼりかけ、
「昔に比べて柚子も高くなったが、
 この贅沢は代えられない」
と言っている。

そうか、柚子は高価なのか!

寒くなって、
近所を散歩すると
庭先に黄色く小さなヒメユズを見かける。
要があって玄関先でお話をしていると
「ちょっと待って」と言われ
両手に持ちきれないほどのヒメユズを頂く。
もちろん、野菜の直売所に行くと
どっさりと売られている。

うれしい!!

それでも去年までは
「柚子は高い」という先入観があり
せっかく頂いても
チョビチョビと消費して
結局、なんだかイロイロと情ないことになったが
今年は心を入れ替えて
ドンドコドンドコ使うことにした。

池波正太郎を超えた!!!


そんなことを思いながら
エッセイを読み進める。
以前は氏の懐古主義を噛みしめていたが
年齢を重ねた今
「ウザイ」と感じてしまって、
私は進化したのだろうか、
それとも退化したのだろうかと
ちょっと微妙な読後であった。



人気ブログランキングへ

copyright © 2020 西の窓から富士山に向って法螺を吹く all rights reserved.Powered by FC2ブログ