FC2ブログ

プロフィール

藤野 法螺貝

Author:藤野 法螺貝
うどんと富士山が好き!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


数字LOVE


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
5145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
645位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:菜園
クリスマスが終わってスーパーのBGMが
「ジングルベル」から「春の海」に変わった。
陳列棚もお飾りやお餅、数の子が並ぶ。
何かのお約束のように
一つ100円の蒲鉾は姿を消している…。

今日のお夕飯の献立を考えながら
カートをゆっくり押していると、
そんなお正月関係ばかりが目につき
「一体、今晩のお夕飯はどうしろというのか!」
と、ふつふつと怒りが湧いてくる。

ふつふつと湧き上がる怒りを抑え
野菜売り場に目をやると、
そこには信じられない光景があった。

ダイコン 298円
キャベツ 350円
白菜(四分の一) 178円

正月になると三つ葉が高騰するのは知っていた。
多少のお正月価格は享受するつもりだが、
なんか、酷過ぎる価格ではないかい??
聞くと台風や長雨の影響だという。

それなら仕方ない。
目を閉じて我が家の野菜のストックを思い出す。
大根と白菜、キャベツもあるが、多少心許ない。
買う必要はないと判断したが、多少心許ない。

多少心許ないが、ここでグッと堪えなければならない。

実は今年から始めた家庭菜園で
これらの野菜が私のことを待っているのである。
わが家から家庭菜園までは4Kmほどの距離である。
夏の間は自転車で通ったこともあるが
ここ最近は週末に夫チャルメラの運転で行く。
先週末は早朝に行ったら、
これらの葉物野菜がまだ凍っていて収穫を断念した。

仕事から帰宅したチャルメラに
何度も何度もスーパーで見た野菜の値段を報告する。
今日が仕事納め。
チャルメラは明日からお休みである。
大掃除や年賀状作成などしている場合ではない。

スポンサーサイト




人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:ひっそりと
流行語を使うのは恥ずかしいと考えている。
他人の口癖を多用するのも恥ずかしい。
最近、夫チャルメラが「へー」を多用するが、
口に出さねど、耐え難し。  

そんな私が最近落ち込んでいるのが
「あらま!」と言ってしまうことである。
発信元は
お昼の連続ドラマ「トットちゃん」の黒柳徹子。
(役名なのであえて敬称略)
その徹子が驚いたや意表を突かれたとき
例の早口で「あらま!」という。
その「あらま!」が私の琴線にふれてしまい、
気が付いたら。「あらま!」と言ってしまう。

先日もご近所さんと電話でお話しているとき、
「あらま!」と発言してしまい、
お相手さんは「トットちゃん」を
ご覧になっているかどうかはわからないけど
ちょっと恥ずかしかった。

この「あらま!」
いかにも黒柳徹子さん(ご本人)の口癖のようだが
良く考えると徹子さん(ご本人)の「あらま!」は
聞いたことがないような気もする。

そんな黒柳徹子さんの健康法に
「くよくよしないこと」というのがあるらしい。
とてもうらやましい。
でも本当はここでひっそりと言っちゃうけど、
徹子さんは「くよくよしない」のではなく、
「くよくよできない」んじゃないかと思う。

ないしょだけど。



人気ブログランキングへ
DATE: CATEGORY:音楽
宗教音楽を歌う会に参加して、
今年で5年目で、
先日、無事コンサートが終了した。

回を重ねるごとに上達するかといえば、
さにあらず。
回を重ね経験値を上げる速度に対し、
加齢による能力減退が上回ってしまう
今日この頃である。
なので、ドイツ語も上達しない。

ドイツ語の上達といえども、歌詞を歌うだけなので
文法や単語を覚える必要ななく
音楽的な要素との兼ね合いはあるにしても
気楽なものである。
世の中、私のような人は多いようで、
パート別練習用のCDも売っている。
そして心を入れ替えて一生懸命聴いたのは
前述のとおりである。


それではこのCDは救世主となったのか。

何かの教育機関で
乳幼児に英語のDVDを頻繁に見せたとしても、
周囲の大人が英語を直接教えた場合と比べて
成果が著しく低い…。
というような調査結果を耳にしたことがあるが、
大人のパート練習用ドイツ語CDも
心の支えにはなったし、
旋律を鼻歌のように歌えるようにはなったが
ドイツ語は気合を入れても入れても
何処からか抜けて行ってしまった。

ちゃんと練習に出て
隣や後ろから聞こえるドイツ語の方が
すらりすらりと耳に入り、歌えるようなる。
そして帰路で忘れる。
しかし帰路で忘れたとしても、
空間を共有することは上達の近道なのかもしれない。

そんな地道な練習で
歌えるようになったフレーズも多い。
どこか耳馴染みのある
われらが日本人の発するドイツ語を聞いていると、
不思議なくらい読めないドイツ語の歌詞が歌える。
そして子どもが言葉を覚えるように
少しずつ少しずつ、フレーズが積み重なっていく。

そして、子どもがとんでもない聞き間違いをするように
私も摩訶不思議なドイツ語を嬉々として歌っていた。

食い逃げ食い逃げロッセン

先ほど楽譜でこのフレーズを確認してみたが
本来の言葉とはかなりかけ離れた言葉だった。



人気ブログランキングへ

copyright © 2020 西の窓から富士山に向って法螺を吹く all rights reserved.Powered by FC2ブログ