FC2ブログ

プロフィール

藤野 法螺貝

Author:藤野 法螺貝
うどんと富士山が好き!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


数字LOVE


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
17125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
1948位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:ボランティア
クレヨンおばさんは怒っていた。
「こんな時間に『おはようございます』って
 どういうつもりかしらねぇ? 
 水商売でもあるまいし」

今どきの若い子の生態を嘆いていらっしゃる。
クレヨンおばさんは茶道の先生なので挨拶には厳しいのだ。
それを黙って聞いていたのは
ボランティアでご一緒している音楽畑の先生方。

「さようでございますわね。
 ワタクシも気をつけますわ。」
先生方はさらりとおっしゃった。
クラシック専攻の先生方も普段は
「おはようございます」と挨拶をする。

その日のボランティアも10時開始。
「みなさん、おはよございます。
 今10時ですけど、ご挨拶は
 『おはようございます』でよろしいでしょうか」
「みなさんは朝早くお目覚めになられるので
 もう「こんにちわ」の時間よっと
 思われる方も多いでしょうね。
 みなさん、今朝は何時にお目覚めになりましたか?」
とさりげなく話題に取り込んでいて
さすがだなとも思ったが。

クレヨンおばさんは威張りん坊なので
私はあまり好きではない。
でもこの件については
クレヨンおばさんのこだわりは好きかなと思う。

クレヨンおばさんよりもっと嫌いな笛の指導者に
「こんばんわ」と言って不愉快な顔をされ
あからさまに嫌味を言われたことがあったりして、
地味に『おはようございます撲滅運動』をしている。

お世話になっている合唱団の先生も
さらりと「おはようございます」という。
わざわざ「この業界では」と説明することもある。
まあいいか… ケンカ売るほどのことでもないし…
と思っていると、
同じ合唱団のもう一人の先生が
「みなさんこんばんわ」
と鮮やかにご挨拶なさったので、
私はこの先生にどこまでもついて行こうと
固く固く決心した。


スポンサーサイト




人気ブログランキングへ
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 西の窓から富士山に向って法螺を吹く all rights reserved.Powered by FC2ブログ