FC2ブログ

プロフィール

藤野 法螺貝

Author:藤野 法螺貝
うどんと富士山が好き!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


数字LOVE


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
17125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
1948位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:音楽
ボランティアの関係で
二週間に一曲か二曲の割合で
曲を仕上げるようにしている。
歌うのは難しいが、
昔よく耳にしていたと思われる曲というコンセプトではあるが
一番には「私が弾きたい曲」が最優先だ。

最優先なんだが、
自分でも「何故この曲?」と
頭を抱えてしまうような選曲になってしまう。

「春一番」
「襟裳岬」
「贈る言葉」

リズム音痴な私は
この程度のポップスでも結構苦手で
伴奏パターンにも悩んでしまう。
そして、さらに不思議なのは
「特に好きだという曲でもない」という事実だ。

何故、これらの曲を選んでしまったのだろう。

よくはわからないが、
「降りてきた(啓示された)曲」
なのだと思う。
しかし、降りてきた曲だからと言って
利用者さんに受けがいいとも限らないし、
スタッフさんがノリノリになるとも限らない。
ほんとに全く100%、
自己満足意外の何物でもないのだが…
そこが「降りてきた曲」所以なのだろうか。

そして今回降りてきた曲は
「胸の振り子」
30分かけて前奏部分を譜読みしたが、
夕方、その部分を練習したら
全く音を覚えていなかった。
それでも、3回ぐらい弾くと
ジワジワと思い出す。

もう一曲、
これはひと月前から降りてきている曲で
「旅立ちの日に」
この曲は完成された楽譜から
如何に音を省略するかで悩んでいて
完成までに至らない。
もし、今回仕上がらなかったら
来年までお蔵入りになってしまう…

そしてお蔵入りの可能性が
徐々に大きくなってきている。

スポンサーサイト




人気ブログランキングへ
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 西の窓から富士山に向って法螺を吹く all rights reserved.Powered by FC2ブログ