FC2ブログ

プロフィール

藤野 法螺貝

Author:藤野 法螺貝
うどんと富士山が好き!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


数字LOVE


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
17125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
1948位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:出来事
夏は、夜。
月の頃はさらなり。
闇もなほ。
螢の多く飛び違ひたる。
また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。
雨など降るもをかし。


昨日は半月だった。
月が霞んで赤く見えた。

いろいろあって、
昨日はすっかり日が落ちてから
仕事場を後にした。
実はひそかに楽しみにしていたのだ。

狙い違わず
外に出ると子どもとお母さんの声が聞こえる。

あ、ユキちゃんもいるよ

一家族だけではないらしい。
闇からフラ~っと出てきたおばさんは
子ども連れの家族を脅かさないように

ホタルですか?

声をかけたら、
おかあさんが「はい、そうでうよ」と
軽やかに答えてくれた。

あ、光った!

闇夜になれていない目では
ほのかな光が見つけられなかったが
それでも家族が指さす方に近寄ってみたら
すー すーっと
光が尾を引くのが見えた。

今日はたくさん飛んでいるね。

これはゲンジボタル、それともヘイケ?
ゲンジボタルです。

少年がすこし緊張した面持ちで教えてくれた。


ホタルを見たのは本当に久しぶりだった。
15年前に公園で娘キャンドルと
そのお友達と一緒に大騒ぎしながら見て以来だ。
それ以前の記憶は
私自身が小学生のころまでさかのぼる。

こんど、闇にまぎれて
夫チャルメラを連れてこなければならない。

そう、
闇にまぎれて…。

スポンサーサイト




人気ブログランキングへ
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 西の窓から富士山に向って法螺を吹く all rights reserved.Powered by FC2ブログ