FC2ブログ

プロフィール

藤野 法螺貝

Author:藤野 法螺貝
うどんと富士山が好き!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


数字LOVE


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
17125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
1948位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:未分類
3か月ぶりぐらいにバスに乗った。
バス停に向っている途中で
後ろからバスが追いかけてきた。
このバスに乗らなければ、次は15分後だ。

走った!

いや、白状すると
バスの運転手さんに
「そのバスに乗るために走っています」
と意思表示するために、
少し早歩きをして、
大袈裟に手足をバタバタさせた。

次の日、なんだか身体が重い。
たった、あれだけのことで
筋肉痛になったらしい。

買い物には自転車で行く。
雨が降っても大丈夫なように
週末には買いだめをしている。
そのせいか、
走ることは勿論、
歩くことに対してもハードルが高くなった。

歩かなければならなくなった時、
最短距離はどの道だろうか
坂が少ないのはどの道だろうか
なんて考えながら歩く。
歩くという行動よりも
考えているだけでヘトヘトになってしまいそうだ。

時々ウォーキングも考える。
水分補給とか疲労具合とか
外気温とかコースとか
歩きながら聞く音楽とか
なんかイロイロと計画しているうちに
やっぱり疲れ果ててしまう。


何も考えずに
気楽に気楽に歩きたい。
移動手段として
普通に、あたりまえに
歩くことを選択できるようになりたい。

もう、3年ぐらい前から
こんなことを感じている。

スポンサーサイト




人気ブログランキングへ
コメント

わかります。

私も、歩きたい。

今は、通勤が自転車だけれど、
それとは違って歩きたい。
歩くほうが、ぜったいに運動になると思うのです。
走るのはヘロヘロになるので、できないから。

前記事のお母様のこと、
うんうんとうなずきながら読ませていただきました。

Re: わかります。

森須もりん 様

今の私のあこがれは、江戸時代の人達です。
きっと彼らは移動手段が徒歩だったから
「歩くのが嫌」という考え方が
なかったんじゃないだろうかと…


母へのコメントも
ありがとうございました。 


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 西の窓から富士山に向って法螺を吹く all rights reserved.Powered by FC2ブログ