FC2ブログ

プロフィール

藤野 法螺貝

Author:藤野 法螺貝
うどんと富士山が好き!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


数字LOVE


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
17125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
1948位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:音楽
市民吹奏楽団のアンサンブルコンサートを
見に行ったことがある。
その時はプロのクラリネット奏者をお招きして
団員たちと木管アンサンブルを演奏していた。
アマチュアに混じって、
音楽に身を任せるように演奏するプロは
とても印象的だった。

そして私は開眼してしまった。

プロは演奏する時に身体を動かす。
身体を動かして演奏すると、プロっぽい。
演奏が多少問題があっても
身体を動かして演奏すると、素人目は誤魔化せる。

それ以来、
ちょっと大げさかなと思うくらい
心のままに音楽に身を任せて
演奏することにした。

ところが恥ずかしいこともある。
PTAコーラスの反省会などでVTRを見ると
ひとり、異常に張り切っているおばさんがいて
それが必ず私自身なのだ。

うん、これは恥ずかしい…

そんな多彩な人生経験を経て、今回の
夫婦で参加している合唱団の演奏会が行われた。
本番前に先生が
「音楽に乗って、楽しんで歌いましょう」
と何度も何度も繰り返した。

演奏会本番は本当に楽しかった。
アルトパートの一員として、
欠片ほどの責任感はなく、
緊張感もなく、
素晴らしい音楽に囲まれて歌うということは
こんなにも至福の時なのか。
過去のPTAコーラスの反省をものともせず、
大きな口を開けて、体を左右に動かし
満面の笑みで歌い終えた。

高揚した気分のまま帰宅して
夫チャルメラと「お疲れさん会」をしていると
チャルメラが言い出した。

今回はノリノリで歌ったから
VTRを見るのが恥ずかしいな。


私だけではなかったんだと
ちょっと安心したが、
先日、合唱団の打ち上げで
演奏会の様子のVTRを見たら
私達夫婦のノリノリ加減は
まだまだ甘いということがよくわかった。

うん、とてもよくわかった!


スポンサーサイト




人気ブログランキングへ
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 西の窓から富士山に向って法螺を吹く all rights reserved.Powered by FC2ブログ