FC2ブログ

プロフィール

藤野 法螺貝

Author:藤野 法螺貝
うどんと富士山が好き!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


数字LOVE


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
17125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
1948位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:未分類
昨日、新しい洗濯機が設置され
洗濯機がある普通の日常が戻ってきたが
洗濯機のありがたみが身にしたワタクシ、
今朝はおもわず

新しい朝が来た。
希望の朝だ。

とラジオ体操の歌を口ずさんでいる。
何も悩むことなく
洗濯機に洗濯物を放り込み
何も考えることなく
スイッチを押すという日常がうれしい。

それはさておき、
一言申し上げたいのが、
この洗濯機の取扱説明書で
30年ほど前に
マニュアル作成をちょっとだけ携わった
ワタクシから申し上げても
内部事情が良く分かるような取扱説明書である。
要するに
先祖代々から伝わる使いまわしの一部改定、
実は予算も力も注いでおりません。
とても正直な印象を受けてしまった。

液体洗剤を投入する場所がわからない。
液体漂白剤とどこが違うのか。
そして目につくのは
「爪楊枝を洗濯するな」
みたいな注意事項だったりする。

取扱説明書をペラペラめくっていると
「私は洗濯がしたいだけなんだ~~~」
と叫びたくなった。
取扱説明書の一番最初に
書いておいてほしいのは

さあ、洗濯を始めましょう。
洗濯物を入れたら
このボタンを押して
ここから洗剤を入れましょう。
終了のお知らせのブザーが鳴ったら
蓋を開けて…

で良いのではないか。
その後に、
オリジナルの洗濯の仕方とか
あーしろ&こーしろの注意事項があったり
故障かなと思ったら…とかがあればよい。
爪楊枝を洗濯しちゃいけないことは
つい先日まで他の洗濯機で洗濯してたから
改めて教えてもらわなくてもいい。

マニュアルで逃げろ!

耳の奥で30年前の上司の声がこだました。
まあ、わかならいではないんだけど。

スポンサーサイト




人気ブログランキングへ
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2020 西の窓から富士山に向って法螺を吹く all rights reserved.Powered by FC2ブログ