FC2ブログ

プロフィール

藤野 法螺貝

Author:藤野 法螺貝
うどんと富士山が好き!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


数字LOVE


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7908位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
964位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:介護
認知症の母は
自分が認知症とはつゆほども疑っていない。

先日、母が通っているディから
「迎えに行ったけど返事がない」
と連絡があった。

あわててあれこれ考えて
万が一ということも考えて
震える手で確認のため母に電話すると
「今ね、お散歩から帰ってきたのよ」
と非常にのんきな声が返ってきた。

万が一のことを想像していた私は
哀しいまでに拍子抜けしてしまう。


お母さん、
お母さんはね、国が認める後期高齢者なの。
後期高齢者ということは
何があってもおかしくないということでね、
迎えに来てくれたディサービスの人も
すごく心配していたのよ。
私も夜中に何かあったんじゃないかって心配して
お隣さんに「雨戸開いていますか?」って
電話して確かめたのよ。
お隣さんにまでご迷惑をおかけしたのよ。
ケアマネさんにもご迷惑をおかけしたのよ。
お散歩に行くときは
カレンダーを確認して
ちゃんと予定を確かめてからにしてね。


私の説得は
認知症の母にどれだけのことが
記憶に残っただろう・・・。

母のキーワードは
「みっともない」
である。
もちろん、迷惑をかけることも
「みっともない」ことだ。
「みっともない」「みっともない」
と言われながら
私は育てられた。

今、そのキーワードを使って
静かに
母をコントロールしている。
静かに、静かに
コントロールしている。

スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
コメント

いいですねぇ、優しさがあふれて‥‥。
胸が熱くなります。
法螺さんの、ひょうひょうとした感性、
癒されます。

いつも来ていただいて、ありがとうございます。(@^^)/~~~

Re: タイトルなし

風子様

心優しいコメントをありがとうございます。

ここ最近はまとまった時間がとれなくて
自分の感覚を文章にする集中力が足りないのですが
ともすれば掌からこぼれ落ちてしまう『今』を
引き留めておきたくて
これからもちょっとずつでも
我が手元に残しておきたいと思います。

風子様のまなざしを心にとめて
また少しずつ、書き足していきます。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 西の窓から富士山に向って法螺を吹く all rights reserved.Powered by FC2ブログ