FC2ブログ

プロフィール

藤野 法螺貝

Author:藤野 法螺貝
うどんと富士山が好き!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


数字LOVE


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7908位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
964位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:出来事
イベントでベニバナを一束購入した。
今年は花が遅いということで
蕾ばかりの花束だったが
係の人が
「水をきちんとやっていれば必ず咲きます」
と力強くおっしゃったので
安心して家に連れて帰った。

連れて帰ったベニバナは
ガラスの花瓶にざっくりと活けようかと思ったが
花瓶の横に
何故か捨てれらなかった焼酎の陶器瓶があるのに気づき
それに活けることにした。

花瓶でない物に花を生けるのは難しい。
陶器瓶だから口が狭く
ベニバナすべてか活けられない。
ビールを買った時についてきたコップなどを
総動員したので
リビングがちょっとしたベニバナ畑のようになった。

最後に水を入れる。
水を入れた花瓶と化したコップを窓際に飾り
いよいよ花瓶と化した焼酎の瓶に水を入れる。

入れても入れても
満杯にならない。


あのとき焼酎を飲んだコップを
何度も陶器瓶運ぶうちに
何故か空恐ろしくなったが
何も考えないようにして
やっと水が溢れ出た焼酎の陶器瓶を
棚に置いた。

花数は少ないが
リビングの様子が一変した。

朝になってリビングに入ると
硬かった蕾のいくつかが
幼子のちょんまげのような花びらをつけていた。
コップの水がかなり減っている。
コップの水を入れ替え
焼酎の陶器瓶もヨッコラショと持ち上げ
中を覗くと水面が見えない。
水の減り具合が
ベニバナの生命力のバロメータのようだ。

しばらくは
ベニバナの花とその生命力を楽しめそうだ。

スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 西の窓から富士山に向って法螺を吹く all rights reserved.Powered by FC2ブログ