FC2ブログ

プロフィール

藤野 法螺貝

Author:藤野 法螺貝
うどんと富士山が好き!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


数字LOVE


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7908位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
964位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:ひっそりと
ジャガイモというのはよくわからない。
一年の半分は
「新じゃが」が出回っているような気がする。
要するに、
日本列島が東西南北に伸びているからというのが
その理由らしいのだが
どちらにしても新ものはなにか心がざわめく。

今、わが街の野菜の路地販売は
新じゃが祭りである。
ということは我が家の野菜室も
新じゃが祭りである。

ということでジャガイモもまな板に並べて
娘キャンドルに
「このジャガイモ、どうしようか」
と相談したら、間髪入れず
「イモ餅!!」と答えた。
思いもかけない答えだったので、再度
「他には?」と言ったら
「ジャガイモ餅」と再度、畳み掛ける。

仕方がないので作ってみることにした。
キャンドルの主張は
「ジャガイモをチンして片栗粉をいれて丸めて焼く」
ということだったので
まな板のジャガイモを何等分化にして
電子レンジに入れてチンし
しゃもじや泡立て器を駆使してジャガイモをつぶし
どさりと片栗粉を入れて混ぜる。
片栗粉の袋には「国産のジャガイモ使用」と書いてある。
100%ジャガイモ料理である。

味付けに塩を間パラパラと入れて
ジャガイモ100%を手に取り
小さいおにぎりを作るように丸めていく。
この時、えもいわれぬ心地よさが
私の手のひらに広がった。
何と表現したらよいか、
とにかくジャガイモ100%の優しさが
掌を通して私を包み込んだ…
そんな気がした。

フライパンに油をひき
両面をゆっくり焼いていく。
片面を焼いているときに
使った道具をゆっくりと洗い、
もう片面を焼くときに
それ以外の準備をする。
それくらい、ゆっくりとゆっくりと弱火で焼いた。

出来上がったジャガイモ餅は
本当にお餅のようにモチモチとしていた。
味は厚手のポテトチップスで
それだけで十分に美味しい。
想像以上の幸せに包まれて
キャンドルの思いもかけない発想を絶賛しながら
掌の優しい感覚と共に
ジャガイモ餅はあっという間に
我らの胃袋に収まった。


スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 西の窓から富士山に向って法螺を吹く all rights reserved.Powered by FC2ブログ