FC2ブログ

プロフィール

藤野 法螺貝

Author:藤野 法螺貝
うどんと富士山が好き!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


数字LOVE


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
8005位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
987位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:音楽
人から聞いた話とはいえ
当事者から聞いた話。

ひょんなことから
オカリナサークルと関わることになった。
どんな関わり方かというと
『指導者』である。
なんだか、そんなんでいいのかとも思うが
まあ、仕方がない。
オカリナが満足に吹けないことは
さっさと棚に上げて
私が出来ることと言えば
譜読みから始まって
リズムの確認と音の整理。
モチベーションの向上あたりであろうか。

そんな中で
小さなハープの方と共演できることになった。
まだ楽器を始めて数年だという。
物珍しさから質問攻めにしているうちに
「法螺貝さんも一緒に練習しませんか」
とお声がかかったが丁重にお断りした。


昨日、そのハーピストさんとおしゃべりした。

オカリナとの共演をハープの先生にご報告したの。
そうしたら、いろいろとアドバイスをいただけたのよ。
オカリナの音のバランスに気をつけなさいとか、
ミキサーの人にちゃんと音を拾ってもらいなさいとか、
プロのミキサーでも
ハープの音を拾うのは難しいんだって。
ハープのソロ曲をやるべきだと言われたんだけど
今回に限っては主体がオカリナだから、
そうもいかないわよね。
下手すると、
「あの座っている人は何をしているの?」
と言われるだけになっちゃいうこともあるんだって。
最終的には
「『あの人は誰にハープを習っているか』って
話題になるからねぇ…。」
とおっしゃって…。


何度か、このハープの先生に会ったことがある。
昨日、彼女から聞いたこのエピソードで
私がその先生から受けた印象が間違いではなかったと
確信した。

スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 西の窓から富士山に向って法螺を吹く all rights reserved.Powered by FC2ブログ