FC2ブログ

プロフィール

藤野 法螺貝

Author:藤野 法螺貝
うどんと富士山が好き!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


数字LOVE


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7908位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
964位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:ひっそりと
保育実習から帰った娘キャンドルが
シュークリームにかじりつきながら
何の脈略もなく
「コレックライはすごいねぇ」
と言い出した。


古今東西、子育ては苦労の連続で
なんじゃこれは!!
と叫んでばかりいたが
おむつ替えもなかなかハードだった。
母親学級で等身大のお人形相手に
たどたどしい手つきで練習した時は
特に問題はなかったが
実際に生きている赤ちゃん相手だと
当然のことながらじっとしていない。
寝返りが打てるようになると、
当然の権利と言うように
ひっくり返ろうとして格闘するし
ハイハイができるようになると
何かのゲームを楽しむように逃げ回る。
大きい方の処理だったりすると
戦々恐々、お互いに悲惨なことになる。

そんな時に何かの拍子に

これっくらいの おべんとばこに
おにぎり おにぎり ちょいとつめて
きざみしょうがに ごましおふって


全国展開されている手遊び歌を唱えたら
キャンドルが魔法にかかったように大人しくなり
かなりスムーズにおむつ替えが出来た。
それ以降、おむつ替えの時は
この手遊び歌を口ずさむようになった。
一緒に遊んでいるお友達のお母さんが
苦戦しているときも
枕元でジェスチャー付きでご披露すると
お友達はあっけにとられ
その隙にお母さんが実力行使したりして
私の株をジリジリと押し上げたりした。

そんなこともあり、我が家では
おむつ替えのことを
「コレックライをする」と言い、
夫チャルメラに
「コレックライ、持ってきて」
というと目の前に紙おむつが現れるようになった。

そして時は流れ
キャンドルの保育実習中、
おむつと保育士さんと園児の
仁義なき戦いが繰り広げられる中
キャンドルが条件反射のように

これっくらいの おべんとばこに
おにぎり おにぎり ちょいとつめて


と歌い出すと
園児は魔法にかかったように大人しくなり
まじかに見ていた保育士さんが
あっけにとられたという。

泣き叫んだ子ども以外はうまく行った。

シュークリームを食べ終えたキャンドルが
静かに報告してくれた。

スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 西の窓から富士山に向って法螺を吹く all rights reserved.Powered by FC2ブログ