FC2ブログ

プロフィール

藤野 法螺貝

Author:藤野 法螺貝
うどんと富士山が好き!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


数字LOVE


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7908位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
964位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:ひっそりと
昨日の朝、
目覚めたら、身体が何となく痛い。


何をしたんだろう…

夜中に寝違えたか、
ヘンな格好で寝ていたか、
それとも昨晩の外出が響いたか。


そんなことを考えながらゆっくりと起き上がり
カーテンを開ける。
窓の外には
関東を名実ともに震撼させた雪がまだ残っている。


そうだった。
雪かきをしたんだった。



観測史上初めての11月の積雪は
わが家のベランダにも7センチほど積もり
諸々の条件があるので
これはほっておくと
しばらく外に洗濯物が干せなくなると判断し
雪かきスコップを振り回して
ベランダの雪を除去したのだった。

ついでに家の前も雪かきをした。
さすがに11月なので積雪といえども
雪が降りやみ多少の日の光を浴びると
バシャバシャになっている。
バシャバシャになってはいるが
日没後、これがバリバリに凍るのは目に見えていて
次の日の朝は
アイスバーンになっているかもしれない。
そうなると、ちょっと厄介なことになるかもしれない。
そんなことを思いながら
誰も何もしない道路を
シャバシャバと氷水のような雪をかいた。

そんなことをブツブツとつぶやきながら
24日に普段使わない筋肉を使ったのだった。
25日はそんなこともすっかり忘れ
晴れ渡る青空の下、
盛大に洗濯物を干した。
そして中一日置いた昨日
お約束通りの筋肉痛がお目見えしたのだ。

筋肉痛は加齢とともに
『忘れたころにやってくる』
という自然の摂理を
不自然な11月の積雪と共に実感した。
さいわい、今朝になると
外の雪も、私の筋肉痛も
姿を消した。

スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
コメント

共感しきり

標高1100m、北アルプスの眺望に優れた村で、
田舎暮らしをしていたときを思い出しました。
50~70㎝の積雪で、玄関の戸も開かない。
泣きたい思いで除雪している最中に、
近所の爺、婆たちからSOS(*′☉.̫☉)…(×_×;)

歳をとると、“筋肉痛は加齢ととも『忘れたころにやってくる』”
が、ふつうですが、その頃は半年も続く筋肉痛で‥‥。

なんでもでしょうが『実感』って、スゴイです。
想像は他人事。
実感は体験。
雪も豪雨も地震も、想像と体験は大違い。
人の気持ちがよくわかる、という点で‥‥ネ! (@^^)/~~~

Re: 共感しきり

風子 様

11月に東京に降った雪には
本当に驚かされました。
そして、翌々日の筋肉痛にも…

今日、デイサービスのボランティアで
今回のお話を披露し、

「私も大人の仲間入りです」

と笑いを誘ってきました。

春の雪は儚さを感じますが
11月の雪は
ほろ苦さを感じました。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 西の窓から富士山に向って法螺を吹く all rights reserved.Powered by FC2ブログ