FC2ブログ

プロフィール

藤野 法螺貝

Author:藤野 法螺貝
うどんと富士山が好き!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


数字LOVE


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7908位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
964位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:ひっそりと
今年も…
というか去年も
年賀状作成は「年末もいよいよ押し迫り…」
という時期になってようやく手を付けた。

夫チャルメラの方針で
印刷した年賀状に
手書きで一言添えるこになっている。
非常にめんどくさい。
非常にめんどくさいが、
チャルメラ用と自分用と二種類
印刷するのもめんどうなので
仕方なく、私も一言添える。

世の中に出回る年賀状は
年々、少なくなっているらしいが
私が出す年賀状もそれに輪をかけて
少なくなっている。
なので「めんどくさい」と嘆き悲しんでいても
たかが知れている。

意を決して
近眼用のメガネをはずし
年賀状に一言添えるべく
ペンをとった。

最近、めっきり字を書くことが少なくなった。
学生の頃、指にあったペンだこが
姿を消してから久しい。
ひょっとしたらこの一か月、字を書いたのは
我が名前くらいかもしれない。

そんなことを思いながら
「今年もよろしく」と書くと、
その字がなんだかおぼつかない。
ちょっと気の利いたことを書こうとすると
漢字が思いつかない。

これはなにか
まずいことの前兆ではないだろうか


打ちひしがれたまま、
ポストに年賀状を投函し
必死になって言い訳を考えてみた。

私が書いた字に凛とした主張がないのは
今に始まったことではない。
書きたい漢字がすらすらと出なくなったのも
今に始まったことではない。

そういえば娘キャンドルが高校生の頃
何を血迷ったか、彼女の数学の教科書を借りて
三角関数の問題を片っ端から解いたことがあった。
そのころあった人に
「そのせいか、最近、漢字が蘇るようになった」
と報告したことがある。
サイン、コサイン、タンジェントを書いていても
漢字はほとんど書いていないが
指がペンを持つことで
何かのシナプスが繋がったのかもしれない。
そんなことを思ってのことだった。


一年の計は元旦にあり

今年は字を書こう。
パソコンばかり向かっていないで
紙と鉛筆に向き合おう。
字を書こう
字を書こう…

書く文字はなんでもいい。
さしあたって紅白で聴いた
星野源さんの『恋』を写してみた。
いつか恋ダンスもマスターしたいと考えながら…

スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
コメント

認知症を認知

明けましておめでとうございます。
おっしゃる通り、最近は宅急便のサインくらいしか
字は書きませんね(笑)。
今はまだ勤めていますが、ほとんど字を書く必要は
ありませんし、リタイアしたらどうなるのでしょう。
辞書さえ引くことが無くなり、便利になった世の中
ですが、これで良いのかとの思いもあります(悲)。
年を取ると認知症になることを今から認知(笑)して、
今後を年齢と上手に付き合っていきたいと思っている
この頃です。

同感、共感しきり…

字は書きますが、とにかく漢字がでません。
緩和辞書関連も処分してしまい、パソコンに頼り切っている
ための、脳の退化で~す!

43歳から専門学校に通い、法螺貝さんの
>指がペンを持つことで
 何かのシナプスが繋がったのかもしれない。
これを痛感、感動したにも関わらず、
今また、逆戻りの今日この頃。

私も書こう、字を書こう!っと……。(*´ェ`*)

Re: 認知症を認知

たびいくひと 様

あけましておめでとうございます。

私の母が認知症になって以来
書いた字のバランスが崩れました。
そんなことを目の当たりにしているので
年賀状に書いた我が文字を見て
本当にヒヤリとしました。

幸い、「字を書こう」と意識し始めると
机(いえ、リビングのテーブルです)に向かうと
ワクワクしています。
このワクワクを大切にしていきたいと思います。

今年もよろしくお願いします。



Re: 同感、共感しきり…

風子 様

今年もよろしくお願いします。

「指は第二の脳である」ということを聞いたような
それとも私の創作だったかも…
と怪しい知識を自分に納得させていましたが
風子さんに太鼓判を押してもらい
今年は「字を書く」ということに
邁進していきたいと思います。

コメント、ありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 西の窓から富士山に向って法螺を吹く all rights reserved.Powered by FC2ブログ