FC2ブログ

プロフィール

藤野 法螺貝

Author:藤野 法螺貝
うどんと富士山が好き!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


数字LOVE


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7908位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
964位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:未分類
わが家の近くは桜の名所があるので
2月から桜を楽しむことが出来るが、
2月から咲く河津桜は
「ちょっとやりすぎ…」と苦言したくなるほど
私の桜の概念を覆しているが、
それでも、2月の空に映える河津桜は美しい。

そしてソメイヨシノ。
たかが「サクラ」ではないか。
たかが「花」ではないか。
と思うが、
ニュースで取り上げられ、
蕾がほころび始め
その姿を春の空気と共に味わうと
なにかしらの魔力を感じる。

今年もそうやって桜を味わう予定だった。

異変は自治会のお花見からゆっくり始まった。
桜の開花宣言はあったものの
わが街の桜からのメッセージは無しのつぶてで
それでも春の陽気に誘われて
「今年もいいお花見でしたね」と
ご近所さんと語り合って帰宅したら
夫チャルメラがガラガラ声で
「関節が痛い」と言い出した。
そして次の日になんと「インフルエンザA型」という
有難くないニュースを持って帰宅した。

あわてて近所のスーパーに走り、
喉ごしのよさそうな食べ物などを買いあさり
「夫の看病をする健気な妻」を演じていたら、
次の日、今度は私の喉が痛い。
もともと熱が出ない体質ではあるが
微熱をちょいと超えるほどの発熱もある。
身体もだるいし、節々が痛い。

ちょっと迷ったが病院に行った。
「もう、インフルエンザは流行っていないですよ」
という医者を説得してリレンザをもらい
ついでにイチゴやプリンを買い足して
「健気な妻」から「病気の妻」に変貌して
体温計を心の友とし、
チャルメラと枕を並べて討ち死にすることになった。

家族に一人でもインフルエンザになると
他の家族はいろいろと大変だが、
他にうつす家族がいないと気が楽だ。
そして、四月。
加湿に神経質になる必要もなく、
外気の寒さを気にすることもなく、
淡々と日々は過ぎて行った。

窓の外では春の高気圧に誘われて
桜が美しく開花を始めた。
熱も下がり、他人様への感染の心配もなくなったが、
体力を根こそぎインフルエンザに持って行かれた
我ら夫婦は
散り始めた桜を遠目ぼんやりと眺める、
そんな2017年のお花見になってしまった。

スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
コメント

加齢という魔物

お気持ち、察します。
花粉症なんて縁がなかったのに(ど田舎で育つ)、
60歳を過ぎて、いきなり目に炎症(花粉+PM2.5)
インフルなんて罹ったことなかったのに、63歳で感染。
加齢による免疫力の低下なんですねぇ。
ほんと、年々、なんやかんや出てきます。悲しいほど(´-﹏-`;)

青じそ、ショウガ、ニンニク……免疫アップ食材です。
梅雨の頃に咲くドクダミの白い花、可憐です。
全草を大量に採取、干して、お茶に。
食事時以外の水分補給として常飲し、
デトックスやってます(丸1年)٩(ˊᗜˋ*)調子いいです。(*^▽^*)




Re: 加齢という魔物

風子 様

本来、意気地がない私は
いろいろな言い訳をしながら
「しんどい、しんどい」を繰り返して
サボりまくりに人生を送ってきましたが、
本当にこの度のインフルエンザはしんどくて、
いまだに本調子ではありません…。
この回復力の無さが、まさに加齢マジックでしょうね。

ドクダミ…
わが家の軒先にも生えていますが、
残念なことに量が少ない…
自家製は難しそうですが、
お話を伺うと、夫が飛びつきそうです。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 西の窓から富士山に向って法螺を吹く all rights reserved.Powered by FC2ブログ