FC2ブログ

プロフィール

藤野 法螺貝

Author:藤野 法螺貝
うどんと富士山が好き!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


数字LOVE


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7908位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
964位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:介護
朝、電話がかかってきた。
だいたい、早朝の電話はよろしくない。
呼び出し音を聞いた途端に胃が痛くなった。
受話器を取って話を聞くと、
要件自体は大したことないが、
めんどくさいことを頼まれたので
小心者の私は益々胃が痛くなった。

朝ご飯はまだ食べていない。
腹が減っては戦が出来ぬ。
今流行りのスムージーをごくごく飲んだ。

これがよくなかった。
それでなくても胃が痛いのに、
冷たいすむーじをごくごくと飲んだものだから
もう、なんていうか、胃がパニックを起こした。
頭もパニック、胃もパニック。
ダブルパニックである。

せめて、冷たいスムージーではなく、
温かいスープを飲めばよかった。
そんなことを考えたが胃の中のスムージーを
取り出すことは出来ない。

うつろな目を漂わせると、
整理整頓とは程遠いテーブルの上に
ホッカイロがある。
内側から温められないのなら、
外側から温めたらよいのではないか!

ホッカイロを胃の上あたりに固定し、
溜め息をつきながら、
パニックになっている頭を落ち着かせて、
あれやこれやと考える。

30分もすると、
頭の方もノロノロ運転ながら動き始めた。
ふと冷静になってみると、胃も痛くない。

昔々、茶道を習っていた時、
懐石料理の意味を教えてもらったが、
「食事の代わりに石を出されたって…」
と内心とっても不満だったが、
なんとなく、納得してしまった慌ただしい朝であった。


スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 西の窓から富士山に向って法螺を吹く all rights reserved.Powered by FC2ブログ