FC2ブログ

プロフィール

藤野 法螺貝

Author:藤野 法螺貝
うどんと富士山が好き!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


数字LOVE


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7908位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
964位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:ひっそりと
人生最大のテーマである「ダイエット」
ネットの情報ではやり方と理屈ばかりが目について
「実際に痩せました」という記事がほとんどない。
ようするに「ダイエット」というのは
不老不死につづく永遠のテーマなのだ。

そのなかで、私が日常的に拝見しているブログで
最近にわかに「月曜断食ダイエット」という言葉が
あちこちに出現するようになり、
具体的な数字と感想と共に私の心を魅了し始めた。
なんせ、その記事はステマ臭がいっさいなく
それでも皆さん確実に成果をあげている。

もちろん、私の心も大きく揺れ動いた。

しかし、夫チャルメラとの晩酌を
人生最大の目的として生きている私に
断食という選択肢はない。
しかしネットでの評価があまりにも高いので
意識してみることにした。

何を意識したか。
お腹が空いているときに食べるということを意識した。

例えば朝、
昨晩は遅い時間から食べ始めたので
実はお腹は空いていない。
普段ならチャルメラを送り出して
いそいそと自分の朝ご飯を用意するのだが、
お腹が空いていないので
そのまま洗濯物を干してみる。
ピアノの練習をしてみる。
発表会の近いリコーダーの練習もしてみる。
滅多にしない庭掃きをしてみる。
もちろん、パソコンで遊んだり、
スマホをながめたりもする。

結局、空腹を感じたのは11時ごろだった。

日によっては、そのまま畑に行ってみた。
10時ごろ帰宅して、シャワーを浴びたりしたら
餓死することなくお昼を迎えた。

そんな日を何度か体験してみてわかったことは、
「朝ご飯にしよう」と思いつくと
実際は空腹を感じていないのに「ワクワクする」
ということだ。
そしてご飯を食べていないからといって
日常がとても困るということはない。

若いころはそうではなかった。
朝ご飯を食べないとひどく身体がだるかった。

しかし、私は専業主婦。
しんどかったらペースを落とし、
空腹を実感したらいそいそとご飯の用意をする。
はじめから規則正しい生活をしていない私が
食事だけ規則正しくする必要はないではないか。

そんなこんなで
多分日常の摂取カロリーは減ったと思う。
それでなにか変化が起こったのか。
食費は減ったかもしれない。
体重は…
ヘルスメーターに乗らない人生を硬く硬く決心しているので

よくわからない…

スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 西の窓から富士山に向って法螺を吹く all rights reserved.Powered by FC2ブログ